JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

獅心に今すぐ質問する

獅心
獅心, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 277
経験:  医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
90274216
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

こんにちは。 ご質問させていただきます。 よろしくお願いします。

質問者の質問

こんにちは。 ご質問させていただきます。
よろしくお願いします。家族が、7年前から皮膚科を受診し、ステロイドを使用していました。
本人は、ステロイドと知っていたのか分かりませんが、昨年からのお薬手帳で、過去も同じ薬のようですが、1か月に1回のペースで、1回に2~3種のステロイド薬と、非ステロイドを1種、処方されています。5年~4年前からは、異常なほどに使用しておりました。
昨年からは、アズノール軟膏と、リドメックスコーワ軟膏の混合薬を多くいただいて、リンデロンV軟膏、時折ビスダーム軟膏、などを使用していたようです。
お風呂場は、異常なほどに粘つき、シャワーはシャワーヘッドを頻繁に交換し続けたほどです。
朝夜と2時間近く、薬を塗り続けていました。何度も、やめるように言ったのですが、7年前と4年前に入院しストレスで湿疹がでて、治っても、通院し続け、途中からは依存症みたいに使用していました。
たまたま、整形外科的な問題を抱えていた為、痺れのような硬直のような症状も薬のせいとは思わなかったのかもしれませんが、ほぼ全身に塗布するような状態になり、4年前から傍目にも急激に痩せ細り、急激に腰は曲がりました。
周りにも、ご病気ですか?と尋ねられるような急激な衰えでした。一般的な健康診断は、貧血以外は特に問題は出ていなかったようです。あまりに塗布し、入浴も15分ほどから1時間になり、シャワーを浴び、バスタブでと、大変なようでした。家族で、私はシャワーのみを使用していたので、粘つきには一番苦しめられていました。
粘つきが、年数を追うごとに大変になり、洗顔も、目の中が粘つくほどで、体も粘つきが落ちなくて、かなり嫌がって、薬の塗布をやめるようお願いしていました。風貌が変わってしまった3年位前には、私にも今考えれば変化がありました。
目がまぶしくて、朝は特に目が明けづらいと頻繁に訴えていました。
今は、それはありませんが、目の痛みや、ここ3年は目の急激な衰えです。
あと、3年前くらいからは腰の痛みと、足の弱りを感じ、中腰の作業は絶対に無理で、年のせいかな?もう?、そんな感じでした。
時々、手や足の痺れを感じて、座ったままで足が痺れる、つる、とにかく体が硬い感覚です。
トイレで、ウォシュレット使用すると、そちらまで粘つき酷く、だんだん便秘もなく問題なかったはずが、左側が硬い?何?、そんな風に調子が悪くなりました。
粘つきから、自宅の水回りはどこも使用が苦痛なほどで、時にはお湯の中や、生もの(野菜、果物)から、薬を感じたこともあり、洗顔で目の粘つきを感じるほどで、口腔内にも入り込んだかなと嫌な思いは頻繁でした。
3年前に胃カメラ検査の際は感じなかった胃の強張りのような感覚があり、消化の悪いものは胃から腸に移動しづらい落ちていかないような感覚がここ2年ほどあります。
泌尿器科、婦人科、肛門科的な、部分も、感覚が鈍いような、強張り感じています。
昨年、ビスダームを使用の頃と同じ時期に、異常な倦怠感を訴えていました。最近、またビスダーム軟膏を使用したようで、本人はかなりの体調の悪さのようです。
私も、今までに感じたことないほどの足の痛みや、お尻の痛み、腰の骨に砕けるような痛みを感じ、昨日と今日は、痺れだけでなく、本人同様軽い震えがあり、怖いと感じています。かなりの長期、全身、または全身に近い広範囲、ステロイドは2種から3種も、このような使用は重大な副作用があると最近知りました。
本人の皮膚は皮だけのような状態です。ステロイドではないかと頻繁に言っていたのですが、本人が否定していたので、やめるよう言いながら、現在に至ります。このような場合の副作用と、今できるとしたら、副作用を軽減するために対処法、検査は何をしたらよろしいのでしょうか?
大変な不安を感じております。
よろしくお願いいたします。
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  獅心 返答済み 6 ヶ月 前.

こんにちは獅心と申します

質問させて下さい

ご家族の年齢、性別、皮膚科の診断名

他に病気のために飲んでる薬があれば教えてください

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12424;ろしくお願いします。80才。男性。
7年前、整形外科で2か月入院の際の湿疹はストレス性の湿疹。
4年前の泌尿器科での1か月入院の際も、同様の診断かと思います。
それぞれ、しばらくして改善しています。
でも、痒みから、いつも病院受診をしていたようです。2年半前に、家族が同行し、総合病院の皮膚科と、個人病院の皮膚科を受診し、問題があるか診察していただいた際は、皮膚科的には問題なしとの診断でした。 私もそうですが、他の家族も、まったく何もできていないと何度も言っていました。整形外科は、毎月ごとに通院、ベオン錠、タケブロンOD錠、リビトール錠、リリカカプセル、芍薬甘草エキス、アクトネル錠、ヒルドイドソフト軟膏、月ごとに変更しているものもあるようです。よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
26412;人は、すでに骨粗鬆症の診断を受けています。
栄養のあるものや、カルシウムをたくさん取っても、不思議に思うほど、痩せる一方で、骨と皮だけというように痩せ細り、7年前は背筋はしっかりのびていましたのに、歩くのも辛いほどの腰の曲がり首の曲がりです。
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
25972;形外科での診断は、脊椎と腰椎の変形脊椎症と、本人は言っています。
急激な変化の頃は、毎朝、手足が痺れ、起きれないほど、体が硬直しているような感じでした。
最近も、ビスダーム軟膏を使用し、かなりの硬直です。
3日ほど前から使用やめています。
専門家:  獅心 返答済み 6 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。

食事摂取をしているのに痩せていく場合には、年齢から考えるとどこかに癌がいる可能性があります。

症状が複雑ですのでどことはわかりませんが、可能性としては高いです。

また、しびれ及び硬直の原因は頸椎および脊椎の脊柱管狭窄症という状態からでも起きえます。リリカがでている

ので、受診されている整形外科でMRIをとったか確認するといいと思います。

ご指摘の如く長期間のステロイド使用は皮膚の菲薄化などを招きます。

しかし、すべてがステロイド外用薬が原因であるとはなかなかいいきれないのが現状です。

もちろん、ステロイド外用薬をつかわなくていいのならば中止にしてみて様子をみることが重要です。

まずは、内科を受診されてはいかがでしょうか?

以上ですが、問題は解決しましたでしょうか?

ほかにご質問はありますでしょうか?

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12372;返信有り難うございます。何度も、癌ではないかと検査しておりますが、問題はありません。
骨の癌なども検査しています。検診もですが、内臓、脳、膀胱、かなりの回数検査済みです。これだけ長い間、他院では問題ないと言われたように、全身傍目からは湿疹などなく、ステロイドを使用する必要はなかったと思うのですが、通常7年もステロイドを処方されることがあるのでしょうか?
また、すでに骨粗鬆症と診断されているのに、処方されるのでしょうか?
ビスダームは骨粗鬆症を誘発すると書かれていたのですが。
本人は、ネットで見たステロイド紫斑もあります。
家族も、同じような軽い痺れ硬直のようなものを、手や足に時々感じるようになっています。
専門家:  獅心 返答済み 6 ヶ月 前.

かかりつけの医者が患者より皮膚症状の訴えがあった場合、それが皮膚科医ではないと

診察がおろそかになりがちではあります。患者ももらえれば満足なので、漫然と処方され続けることはあります。

ビジダームなどのステロイド外用剤の長期使用により、骨粗鬆症になる可能性はたしかにあるのかもしれませんが

主なステロイド性骨粗鬆症の原因は内服薬です。

癌の検査は何回もされたとのことですが、PETをうけたことはありますでしょう?

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/24/246764/2012-11-7_83239_DSC00371.64x64.JPG 平田 亮 さんのアバター

    平田 亮

    美容外科医

    満足した利用者:

    3
    東海大学医学部卒業。複数の美容外科・皮膚科クリニックを経て美容医療コンサルタント会社「office grant」設立。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr_morino さんのアバター

    Dr_morino

    皮膚科

    満足した利用者:

    109
    開業医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2773
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    295
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

皮膚科 についての関連する質問