JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
獅心に今すぐ質問する
獅心
獅心, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 470
経験:  医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
90274216
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
獅心がオンラインで質問受付中

お世話になります。65歳になったばかりの男性です。10年ほど前から加齢による掻痒症と診断され開業医から飲み薬(アレロック

解決済みの質問:

お世話になります。65歳になったばかりの男性です。10年ほど前から加齢による掻痒症と診断され開業医から飲み薬(アレロック5.5㎎)と塗り薬(アンテベート軟膏0.005)の処方を受けています。途中で改善の兆しが感じられなくて総合病院、大学附属病院と受診しましたが、治療方法に大きな変化は無く、結局上記の処方により対応しています。長年、痒みと付き合うのも大変なことで、出来れば全快と言う日を迎えたいです。良い方法が有ればご指導ください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

こんにちは獅心と申します

質問させて下さい

いまの薬で症状の悪化はないのでしょうか?

アレルギー検査はしましたか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
34220;を服用及び軟膏を塗っていると痒みは一時的に治まります。ただ、別の場所、手・足・首等に移動して痒みが続きます。また、小さな発疹が出て痒みがあります。  アレルギー検査はしてもらいましたが、原因となるような数値は出なかったです。正直、現在使用している薬より、一般的な表現で「きつい・良く効く」薬は避けたいとの気持ちもあります。それは、症状を抑えるために、肝臓等の内臓に影響があるのではないかと考えているからです。
ご回答いただき、有難うございます。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

今現在皮膚の保湿のためになにかやっていますか?

いままでもらって使用してきた薬を具体的にお願いします。

内科のお薬はなにか飲んでますか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
20869;科的な服用薬として、ネキシウムカプセル10㎎とサロベール錠100㎎を服用しています。保湿については、入浴時タオルで全身を洗っていましたが、最近はタオルを使用せず素手に石鹸を付け撫でるように洗っています。その他の保湿剤等は使用していません。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

10年前からの症状ですので内科のお薬による薬剤性の可能性は少ないと考えます。

よって、複数の病院による診断がやはり正しく、乾燥によるものが原因の可能性が高いです。

皮膚乾燥による痒み、湿疹は保湿が一番大事です。

大量にしかも継続できるものが一番です。お勧めはワセリンです。安価で大量に使えます。

ただし、かなりべとべとしますので好き嫌いがあります。

市販の敏感肌様の保湿剤でも構いません。

1日2回全身に塗布し、乾燥から守ることが大事です。

また、掻くと症状がひどくなりますのでアレロック等の痒み止めは必ず必要です。

ワセリンは内臓にはまったく害がありませんので安心して使ってください。

それでも痒みがでそうなところにはやはりステロイドが効果的です。

ステロイドは大量に使ってしまいますと逆に皮膚を薄くしたりしますので、最小限でお願いします。

以上ですが、問題は解決しましたでしょうか?

ほかにご質問はありますでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々のご回答、ありがとうございます。  大変勉強になりました。感謝しております。
今後は病院のハシゴを止め、地道に取り組みます。
ただ、医学界に対しての希望ですが、各分野で目覚ましい進歩を遂げている昨今ですが、旧来の老人性(加齢)の掻痒症についてはどの病院にかかっても進歩していると実感できなかったです。今後、高齢化社会が進む中で同様の症状で悩む人口も増えると考えています。何とか、対策は無いものかと感じております。  ご指導ありがとうございました。
専門家:  獅心 返答済み 1 年 前.

問題解決のお手伝いができてよかったです。

大変お手数ですが今回の質問に対する回答につきまして評価ボタンによるご評価をお願い申し上げます。

お体ご自愛下さい

今後ともよろしくお願い申し上げます。

獅心をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問