JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。 去年9月頃から、鼻、耳たぶ、まぶた、頭皮が熱を持ったように、パンパンに腫れチクチク痛みます。です

解決済みの質問:

初めまして。
去年9月頃から、鼻、耳たぶ、まぶた、頭皮が熱を持ったように、パンパンに腫れチクチク痛みます。ですが、見た目は何の症状も出ません。
日によって、全くでない日もあれば、頭皮や顔面だけじゃなく、全身の皮膚がチクチク腫れたように痛い日もあります。
自治医大病院で、セチリジン(1日4錠)、セレスタミン(1日8錠)、アレグラ(1日4錠)、ノイトロピン(1日4錠)を処方されましたが、どれも全く効きません。
皮膚科の先生に皮膚を診てもらっても、見た目は何の異常もないとの事。
でも、耳たぶ、まぶた、頭皮、鼻が熱を持ったように腫れた感覚、チクチクとした全身の痛みが辛いです。
大学病院のい皮膚科でもダメなら、これ以上調べようがないのでしょうか。
住まいは、埼玉県です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。ご質問いただき誠にありがとうございます。 「大学病院のい皮膚科でもダメなら、これ以上調べようがない」とは思いますが……違う医師が検討すれば別の結論が出る場合もございます。業界用語で「手を変える」と言います。 少し補足情報を下さい。 ➀大学病院の皮膚科では、特定の診断名は付かなかったということでしょうか? ②持病や常用薬があれば教えて下さい。 ③今回のご相談でご質問になりたい事項をもう少し具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。 まず以上、確認させていただけますと幸いです。※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山司先生ご回答ありがとうございます。①皮膚科長の先生からは、慢性じんましんかも、と言われましたが、他の先生3名とも、皮膚科の病気じゃないかも。精神的なストレスから来るものかも、との事でした。②持病は、うつ病、不眠症と診断され、皮膚科以外の薬は、睡眠薬のゾルピデム10mg1錠、レクサプロ10mg錠、ルネスタ3mg、リリカ75g1カプセル、を飲んでいますが、4年程飲んでいて、症状が出る前からです。③ストレスや精神的なものから来るかも、と言われ、10月から自治医大で精神科にも通院していますが、全く変わりなしです。埼玉県蓮田病院→久喜総合病院→自治医大さいたま医療センター。と来ましたが、相変わらず今も熱を持ったような腫れた感じがして、チクチク痛いです。3人の先生が直接皮膚をご覧になり、皮膚科的には異常ないと言われました。あとは、本当にストレスや精神的な異常で皮膚がこのように、腫れた感覚になったりするのか、する場合、精神科の先生とどのような方法をとっていけばよいのか、教えて頂ければ幸いに存じます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 症状(診断ではなく)としては、「皮膚掻痒症」ということになるでしょう。http://yg-allergy.com/ill/017_other-diseases_6.htmhttp://health.goo.ne.jp/medical/10O20400 ④現在、うつ病の調子は良いのでしょうか? 実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/ ⑤皮膚掻痒症の原因となるような身体疾患(上記サイトより:慢性腎不全(じんふぜん)、肝疾患、痛風(つうふう)、糖尿病、甲状腺疾患、血液疾患(多血症(たけつしょう)や鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)など)、悪性リンパ腫、がん)の検索は行われましたか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山司先生4のテストは、25点で、極めて重大。と出ました。皮膚掻痒症についてですが、蓮田病院で、血液検査をしてもらいましたが、何も異常無いとの事でした。私は今後、どうしたら良いでしょうか。。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 うつ病の治療を集中的に行う必要があるでしょうね。 ⑥精神科の現主治医は、相談者様のうつ病が重症であるという認識を持っているようでしょうか。 ⑦これまで、レクサプロ以外にどのような抗うつ薬が用いられていましたか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山司先生ご回答ありがとうございます。今までの抗うつ薬は、エチゾラム、パロキセチン、アルプラゾラムでした。今の精神科の先生は、他の先生からの紹介で行ったので、私の自殺未遂や日頃の状況はよくご存知であるかとは思います。この様な症状が出たのは、上記、パロキセチン、エチゾラム、アルプラゾラムを飲んだり、飲まなくなったりした時期と、1~2ヵ月の誤差ですが、一致します。上記3つの薬をやめたりした影響でしょうか。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 「エチゾラム、パロキセチン、アルプラゾラム」のうち、エチゾラムとアルプラゾラムは抗うつ薬ではありません。抗不安薬です。化学的には、どちらも、「ベンザジアゼピン作動薬(GABA作動薬)」に属します。ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります。 【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-43.html 【向精神薬依存 8割、投薬治療中に発症 「医師の処方、不適切」】http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-23.html 皮膚のピリピリ感は、エチゾラムとアルプラゾラムの離脱症状として起こりうる症状です。これらのお薬を永久に服用し続けることは好ましくありませんが、時間をかけてゆっくりと減量すべきお薬です。 まず、ベンゾジアゼピンを再開するとともに、うつ病についてもより集中的な治療を希望されてみてはと思います。  抗うつ薬以外の薬物(非定型抗精神病薬、気分安定薬、抗パーキンソン病薬など)を抗うつ薬に付け加える「増強療法」と呼ばれる治療方法があります。 薬物療法以外で治療抵抗性うつ病への有効性が知られている治療法としては、 認知行動療法https://www.jspn.or.jp/journal/journal/pdf/2010/11/journal112_11_p1097.pdf 反復経頭蓋磁気刺激http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/sped/1310np/201310/532930.html 修正電気けいれん療法http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/report/motohashi16/motohashi16-16.pdf といった治療法が知られています。 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 システム上での評価をお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他2 名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生へ返信が遅くなり、申し訳ありません。昨日急いで、猫山先生のご回答をお見せして、上記の薬を処方し直してもらいました。本当にありがとうございました。それでも改善されなかったら、また相談させて下さい。本当にありがとうございました。

皮膚科 についての関連する質問