JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

Dr_GATOに今すぐ質問する

Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 3971
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

この質問では「ストレスとニキビの関係性」についてお伺いしたいです。一般的にストレスはニキビが出来る原因になると言われ

質問者の質問

この質問では「ストレスとニキビの関係性」についてお伺いしたいです。一般的にストレスはニキビが出来る原因になると言われていますが、
ストレスがニキビに与える影響は科学的に証明されているのでしょうか。
証明されているならば、英語でもいいのでネット上に参考になる文献があれば教えてください。また、回答して下さる先生の立場からすると、ストレスはニキビに影響を与えるとお考えでしょうか。その理由も教えてください。
(例えば、ストレスがかかると、脳下垂体から男性ホルモンが出たり、交感神経が活発になりノルアドレナリンが出る。これらが皮脂分泌を促進するからなど)私が疑問に思っているのは、ニキビには様々な要因がありますが、ストレスはニキビができる必須条件ではなく、多くある要因の中の1つに過ぎないのではないかということです。
ニキビを改善する上で、ストレスをどこまで気にしたらいいのか判断したく、ご意見をお伺いしたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
質問者: 返答済み 1 年 前.
(質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次の追加サービスを希望していますが、ご提供いただくことは可能でしょうか?サービス名:電話でのやり取り。 もう少し情報が必要な場合は、どういった情報が必要なのかお知らせください。また別の追加サービスをご提案いただければ、検討します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
【訂正】上記の(質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)について:
上記の投稿に、電話でのやり取りを希望とすると記載されておりますが、これは間違いで、
現時点では、「メールでの回答」をを希望しています。
ボタンを押し間違えてしまい、失礼しました。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
臨床試験で94人の生徒において試験の時と夏休みの間のニキビのひどさと皮脂の産生を比較しました。皮脂の産生はストレスと関係はしてないようにみえますがニキビのひどくなることは関係があるように見えました。他の臨床試験では22人の大学生で試験の間にニキビがひどくなるように思えました。ストレスに関係している副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の受容体が皮脂腺に存在しています。皮脂腺細胞は普通の皮膚やニキビのない皮膚よりニキビのある皮膚でCRHの強い染色を示しました。さらなら研究が必要ですが、それらのことはCRHがストセルによるニキビの悪化に関係していることが示唆されました。40PubMedTIPatient concepts and misconceptions about acne.AURasmussen JE, Smith SBSOArch Dermatol. 1983;119(7):570. A questionnaire was completed by 178 patients and relatives with dermatologic conditions as the first phase of a two-part study of the interrelationships between understanding and treatment compliance. Substantial numbers of those surveyed had ideas about cause, treatment, and prognosis that might adversely affect therapy. Diet, dirt, soap and water, topically applied acne gels, and realistic expectations for cures seem to be the most important subjects to emphasize in the written or oral "teaching" of patients with acne.ADPMID622270341PubMedTIPerceptions of acne vulgaris in final year medical student written examination answers.AUGreen J, Sinclair RDSOAustralas J Dermatol. 2001;42(2):98. Misconceptions exist in the community regarding factors that exacerbate acne vulgaris. In particular stress, diet, lifestyle and personal hygiene are often erroneously claimed to be important factors. In order to investigate whether these common misconceptions persist in medical graduates, we analysed the answers of 215 sixth year medical students, who all subsequently graduated from The University of Melbourne, to a short-answer question on acne management and exacerbating factors in one of their final year examination papers. With respect to exacerbating factors, 67% of students identified stress, 10% identified lifestyle factors (smoking and alcohol consumption), and 25% claimed poor facial hygiene exacerbated acne. Diet was stated to be an important factor by 41% of students, of whom 12% specifically mentioned chocolate. Persistence of these misconceptions among medical graduates is likely to perpetuate misinformation in the community.ADDepartment of Medicine (Dermatology), The University of Melbourne, St Vincent's Hospital, Melbourne, Victoria, Australia.PMID1130903042PubMedTIStudy of psychological stress, sebum production and acne vulgaris in adolescents.AUYosipovitch G, Tang M, Dawn AG, Chen M, Goh CL, Huak Y, Seng LFSOActa Derm Venereol. 2007;87(2):135. Sebum production is thought to play a major role in acne vulgaris in adolescents. Psychological stress may exacerbate acne; however, it is not known whether the perceived association between stress and acne exacerbation is due to increased sebum production. The aims of this study were to determine: (i) if psychological stress in adolescents is associated with increased sebum production; and (ii) if stress is associated with increased acne severity independent of, or in conjunction with, increased sebum production. Ninety-four secondary school students in Singapore (mean age 14.9 years) were enrolled in this prospective cohort study. During a high stress condition (prior to mid-year examinations) and a low stress condition (during the summer holidays), the following were evaluated: (i) self-reported stress level using the Perceived Stress Scale; (ii) sebum level at baseline and at 1 h; and (iii) acne severity. The prevalence of self-reported acne in this study population was high (95% in males and 92% in females). Most subjects had mild to moderate acne. Sebum measurements did not differ significantly between the high stress and low stress conditions. For the study population as a whole, we observed a statistically significant positive correlation (r=0.23, p=0.029) between stress levels and severity of acne papulopustulosa. In adolescents, psychological stress does not appear to affect the quantity of sebum production. The study suggests a significant association between stress and severity of acne papulopustulosa, especially in males. Increased acne severity associated with stress may result from factors other than sebum quantity.ADDepartment of Dermatology, Wake Forest University School of Medicine, Winston-Salem, North Carolina 27157, USA.***@******.*** response of skin disease to stress: changes in the severity of acne vulgaris as affected by examination stress.AUChiu A, Chon SY, Kimball ABSOArch Dermatol. 2003;139(7):897. BACKGROUND: Although emotional stress has long been suspected to exacerbate acne vulgaris, previous reports addressing its influence on acne severity have been mainly anecdotal.OBJECTIVES: To elucidate the possible relationship between stress and acne exacerbation by evaluating changes in acne severity during nonexamination and examination periods and to assess the possible relationship of these changes in severity with perceived examination stress by using previously validated scales measuring acne severity and perceived stress.DESIGN: Prospective cohort study.SETTING: General university community.PARTICIPANTS: A volunteer sample of 22 university students (15 women and 7 men) with a minimum acne vulgaris severity of 0.5 on the photonum***** *****ds acne scale (baseline scores, 0.50-1.75).MAIN OUTCOME MEASURES: Participants were graded on their acne severity using the Leeds acne scale, and had their subjective stress levels assessed with the Perceived Stress Scale questionnaire during both nonexamination and examination periods.RESULTS: Subjects had a higher mean grade of acne severity and mean perceived stress score (P<.01 for both) during examinations. Using regression analysis and adjusting for the effects of confounding variables, such as changes in sleep hours, sleep quality, diet quality, and number of meals per day, increased acne severity was significantly associated with increased stress levels (r = 0.61, P<.01), while self-assessed change in diet quality was the only other significant association (P =.02).CONCLUSIONS: Patients with acne may experience worsening of the disease during examinations. Furthermore, changes in acne severity correlate highly with increasing stress, suggesting that emotional stress from external sources may have a significant influence on acne.ADDepartment of Dermatology, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA###-##-#### ***** of the corticotropin-releasing hormone system in the pathogenesis of acne vulgaris.AUGanceviciene R, Graziene V, Fimmel S, Zouboulis CCSOBr J Dermatol. 2009;160(2):345. BACKGROUND: The sebaceous gland exhibits an independent peripheral endocrine function and expresses receptors for neuropeptides. Previous reports have confirmed the presence of a complete corticotropin-releasing hormone (CRH) system in human sebocytes in vitro. The capability of hypothalamic CRH to induce lipid synthesis, induce steroidogenesis and interact with testosterone and growth hormone implicates a possibility of its involvement in the clinical development of acne.OBJECTIVES: The purpose of the study was to detect expression changes of CRH/CRH binding protein (CRHBP)/CRH receptors (CRHRs) in acne-involved skin, especially in the sebaceous glands.METHODS: Expression of CRH/CRHBP/CRHRs was analysed by immunohistochemistry in biopsies from facial skin of 33 patients with acne, noninvolved thigh skin of the same patients and normal skin of eight age-matched healthy volunteers.RESULTS: Very strong positive reaction for CRH was observed in acne-involved skin in all types of sebaceous gland cells, irrespective of their differentiation stage, whereas in noninvolved and normal skin sebaceous glands exhibited a weaker CRH staining depending upon the differentiation stage of sebocytes. The strongest reaction for CRHBP in acne-involved sebaceous glands was in differentiating sebocytes. CRHR-1 and CRHR-2 exhibited the strongest expression in sweat glands and sebaceous glands, respectively.CONCLUSIONS: Expression of the complete CRH system is abundant in acne-involved skin, especially in the sebaceous glands, possibly activating pathways which affect immune and inflammatory processes leading to the development and stress-induced exacerbation of acne.ADCentre of Dermatovenereology, Vilnius University Hospital, Santariskiu Klinikos, Vilnius, Lithuania.PMID19077080
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
下記がオリジナルの英語です。Patients and clinicians commonly believe that psychological stress can exacerbate acne [40,41]. A prospective cohort study in 94 secondary school students compared acne severity and sebum production at times of high stress (midterm examinations) and low stress (summer holidays) [42]. Sebum production did not appear to be related to stress, but acne severity, as assessed by an examiner blinded to the hypothesis of the study, did appear to be associated with stress, particularly in boys.Similarly, a study of 22 university students found that acne severity appeared to have some correlation with stress around the time of school examinations [43].Receptors for corticotropin releasing hormone (CRH), a hormone involved in the stress response, are present in human sebaceous glands [44]. Sebaceous gland cells exhibit stronger staining for CRH in acne-involved skin than in normal or uninvolved skin. Although additional studies are necessary, these findings suggest that the CRH system may participate in the occurrence of stress-exacerbated acne.
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答を頂き、ありがとうございます。
ご返信が遅くなり、失礼しました。
ストレスとニキビに関する文献を送って下さり、内容を理解しました。
ですが、最初質問した内容について、回答を頂きたい点があるので、再度質問させてもらいます。
最初に質問した内容に戻りますが、
先生の意見としては、
ストレスは他のニキビの原因に比べて、非常に大きな原因になるとお考えでしょうか。
私が疑問に思っているのは、
ニキビには様々な原因がありますが、
ストレスはニキビができる必須条件ではなく、
”ストレスがあるとニキビが出来やすくなる可能性がある”という程度の、ニキビの発生する原因のほんの1つに過ぎないのではないかということです。
ニキビを改善する上で、ストレスをどこまで気にしたらいいのか判断したく、ご意見をお伺いしたいです。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
次の4つがにきびの主な原因となります:毛嚢の過角質化皮脂産生の増加毛嚢内のアクネ菌炎症ストレスはその主な原因ではありません。
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 3971
経験: 医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
Dr_GATO様回答頂き、ありがとうございました。
ニキビの主な原因がわかり、ストレスはその中には入っていないことがわかりました。
ご返信と評価が遅くなり失礼しました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/24/246764/2012-11-7_83239_DSC00371.64x64.JPG 平田 亮 さんのアバター

    平田 亮

    美容外科医

    満足した利用者:

    3
    東海大学医学部卒業。複数の美容外科・皮膚科クリニックを経て美容医療コンサルタント会社「office grant」設立。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr_morino さんのアバター

    Dr_morino

    皮膚科

    満足した利用者:

    109
    開業医
  • /img/opt/shirt.png 獅心 さんのアバター

    獅心

    メディカルアドバイザー

    満足した利用者:

    76
    医師歴12年臨床及び基礎研究に従事現在米国留学中
  • /img/opt/shirt.png Dr-K さんのアバター

    Dr-K

    総合診療医

    満足した利用者:

    18
    2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2786
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
 
 
 

皮膚科 についての関連する質問