JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4088
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

太田母斑レーザー治療をしています。生まれつきのもので、長く治療し、5年前で治療を一旦終了しました。今年再度目の下部分

解決済みの質問:

太田母斑レーザー治療をしています。生まれつきのもので、長く治療し、5年前で治療を一旦終了しました。今年再度目の下部分の母斑の治療を再開するべく病院に連絡をとりましたら、あざのレーザー治療はやめたとの事でした。新たに病院を探し治療を受けましたが、レーザーをあてた後の処置が前の病院と違いすぎて不安です。以前は夜ハイドロキノンを塗り昼は炎症を抑えるクリームや日焼け止めクリームを塗り、たびたび状態を見て貰っていました。今回はなにもぬらず、日焼け止めクリームだけで良いとの事でした。ハイドロキノンは日焼け止めクリームと働きが似ているので使わなくても良いとの事でしたが、レーザーをあてるだけで良いのか不安が解消できません。このままでよいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
レーザー照射後に3日間抗生物質含有ステロイド軟膏、その後3~5日間にわたって抗生剤含有ワセリン基剤軟膏を塗布し、ガーゼで被覆し、その後はサンスクリーンクリームによる遮光を行います。ハイドロキノンは特に必要はありません。
Dr_GATOをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問