JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1か月前にほうかきしえんになり 2週間抗生物質の処方をうけ(10日の入院で1日3回の点滴ができなかったので)血液検査

解決済みの質問:

1か月前にほうかきしえんになり 2週間抗生物質の処方をうけ(10日の入院で1日3回の点滴ができなかったので)血液検査の結果 数値がほぼ正常になったということで治療がおわりました。
膝には こぶのような腫れが残っていましたが 刺す方法もあるけど 自然に吸収されるでしょうという判断でした。
しかし 腫れは引かず ひざ下のツッパリ感と 膝をつくと腫れにあたりとても痛く膝をつけない
腫れは膝下の少しでっぱった骨のところにあります。
とにかく 違和感があり バレエをしているのですが 支障があります。
近所の皮膚科に行ってみましたが わからないし ほうかきしえんなら当院では無理といわれました。
10年前に反対の足もほうかきしえんになっています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

状況は理解しました。

今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

このはれの痛みと腫れをどうにかしたい。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、蜂窩織炎に対する治療が十分に強力なものではなかったために、蜂窩織炎を起こした皮下組織が瘢痕化してしまっている可能性を考えます。

これが自然に吸収されるものかどうかは疑わしいと思います。
吸収されるとしても数ヶ月、数年の時間が必要でしょう。
外科的な切除と皮膚移植が必要になるかもしれません。

総合病院の形成外科を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。

2週間の間に2回ほど診察をしましたが 診察のたびに吸収されるとおしゃっていましたが そんな気配がないので心配になりました。

東京の杉並区在住ですが

この治療を得意な形成外科がある 総合病院をご紹介いただけますか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。

そもそも、「
この治療を得意な」特別な形成外科は無いと思います。
どこの形成外科でも基本的に同じ診療が受けられると思いますよ。
質問者: 返答済み 1 年 前.

そうなんですね。

では 最初の診断の吸収されるというこを

信用してこのまま

置していたらどうなるのでしょうか?(吸収されない場合)

また 形成外科に行った場合 どのような処置がされるのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
既に述べたとおりです。

これが自然に吸収されるものかどうかは疑わしいと思います。
吸収されるとしても数ヶ月、数年の時間が必要でしょう。
外科的な切除と皮膚移植が必要になるかもしれません。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問