JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4105
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

ストレスと男性ホルモンについて調べています。 色々と調べると、 『ストレスは交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加する』とあり、もう一方では、『ストレスは、交感神

解決済みの質問:

ストレスと男性ホルモンについて調べています。
色々と調べると、
『ストレスは交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加する』とあり、もう一方では、『ストレスは、交感神経が優位になり、男性ホルモンが減少する』と2パターンあります。
どちらが本当の答えなのでしょうか?どちらも根拠がないため、全く信用できません。
宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
動物実験では動けないことによる急激なストレスは精巣で男性ホルモンを合成する酵素を抑制することで男性ホルモンの産生が低下し、動けないことによる慢性的なストレスは脳視床下部ー下垂体のレベルで下垂体からのLHと言われるホルモンの低下を起こし、それによって男性ホルモンの産生が低下します。いずれの場合も男性ホルモンの産生は低下すると報告されています。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ということは、ストレスで交感神経が優位になり、男性ホルモン活発化によって、皮脂の過剰分泌が起こるという情報は、作られたもの、ということになるのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
可能性はあると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問