JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

子ども(13才)なんですが、左足太ももに、生まれてすぐくらいからほくろがありました。成長に伴い大きくなってきましたが

解決済みの質問:

子ども(13才)なんですが、左足太ももに、生まれてすぐくらいからほくろがありました。成長に伴い大きくなってきましたが、ずっとあるのであまり気にしていませんでした。
先日、新聞を見ていたらメラノーマのチェックリストがあり、それを見て気になってよく観察してみたら、「左右が対称でない」「色が均一でなくむらがある」が当てはまりました。「1,2年で形や大きさに変化」していたかもしれません。」大きさは4mmくらいでした。
かかりつけの皮膚科が休みだったので、遠くの皮膚科の開業医に行ったところ、問診と目で診ただけで、「大丈夫だと思うけど、大学病院のほうが症例も多いし、大学病院でみてもらったほうが安心するだろうから紹介状を書きます」と言われました。これって、どういうことでしょうか?紹介状を書かれたということは、先生が診断に困るような、「怪しい」可能性が高いということでしょうか?受診する前よりもずっと、心配になっております。
メラノーマの可能性は高いのでしょうか?開業医の先生の意図がよくわかりません。
よろしければ、アドバイスをいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

その、新聞に載っていたチェックリストというのは、悪性黒色腫の特徴であるABCD基準と呼ばれるものをわかりやすく説明したものではないかと推察いたします。
左右非対称(Asymmetry)、辺縁不整(Border irregularity)、色むらがある(Color variegation)、径の増大の速さ(Diameter enlargement)の頭文字をとったものです。

皮膚科医が視診して悪性黒色腫が疑われた場合、まずダーモスコピーという機器で検査を受けることになると思います(ダーモスコピーは要するに性能の良い拡大鏡なので、患者様は全く痛くありません)。

【ダーモスコピー】
http://www.twmu.ac.jp/DNH/department/dermatology/dermoscopy.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

ダーモスコピーで悪性所見が否定できない場合は生検 を行うことになります。

その「遠くの皮膚科の開業医」はダーモスコピーによる視診は行わなかったのですね?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速のご返答ありがとうございます。

ダーモスコピーによる視診は行われませんでした。

「ダーモスコピーありますか?」と伺ったら、「ある」とはおっしゃっていた

のですが。。。。

どうぞよろしくお願いいたします。

写真もございますので、見ていただけたらうれしいです。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.

ご返信ありがとうございます。

写真は、添付していただければ拝見しますが、三次元的な質感がわかりませんし、写真にダーモスコピーを当てるわけにもいきません。それをもって、あまり確定的なことは申し上げられないと思います。

ただ、もう回答は決まっています。
経験を積んだ皮膚科医ならば、視診で悪性黒色腫(メラノーマ)かどうかはパターン認識である程度は検討がつきますし、ダーモスコピーでさらにその「検討」の精度を上げることが出来ます。

それをせずに安易に大学病院を紹介したのは、その皮膚科医が、メラノーマを診た経験に乏しく、(本人にとっても相談者様にとっても)説得力ある診断ができないので、大学病院に丸投げしたのではないかと推察いたします。

「メラノーマの可能性は高いのでしょうか?」というご質問にこの場でお答えすることは困難ですが、「開業医の先生の意図」はそんなところでしょう。
「診断に困るような、『怪しい』可能性が高い」のではなく、怪しいかどうかもわからなかったのだと思います。でなければ、ダーモスコピーくらいは当てるでしょう。

紹介状を持って大学病院を受診されてみてもいいかとは思いますが、まずはかかりつけの皮膚科の休み明けを待って相談されてはと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 2 年 前.

先生のご回答で、診察してもらった医師の意図について、納得がいきました。

過剰に心配することはしなくて、大丈夫ですよね?

実際、かかりつけの医師は、私自身のほくろが心配で受診したときも、視診で「大丈夫」と言ったあとに、虫眼鏡みたいなので診てくれて「ここがこうだから、大丈夫」と言ってくださっていました。

今回受診した医師がダーモスコピーをなさらないのは「一見して怪しい」からではないか、でもそれなのに「大学病院なら安心でしょう?」と言うのは、納得がいかず、悶悶としておりました。

しばらく心配ですが、かかりつけ医にもう一度相談してみようと思います。

夏休みで、受診できるのが1週間後になってしまうのですが、遅すぎるでしょうか?何度もお尋ねしてすみません。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
いや、夏休みで十分だと思いますね。

メラノーマは進行が早い悪性腫瘍ですが、仮にそのほくろがメラノーマであったとしても(可能性は低いと思います)、1週間待ったからといって取り返しが付かないことになることはありません。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問