JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

家族が目と鼻の間に腫瘤ができ、最初眼科に通っていたが、治らないため、大学病院を紹介されました。病理検査の結果から、扁

解決済みの質問:

家族が目と鼻の間に腫瘤ができ、最初眼科に通っていたが、治らないため、大学病院を紹介されました。病理検査の結果から、扁平上皮癌と診断され、7月中にCT、MRI、ペット検査をします。それから、切除箇所を決めますが、目と鼻の切除があると言われています。本人はリスクは残っても目と鼻の切除はしないと言っています。大学病院には相談していませんが、本人が希望しているような治療をしてもらえますでしょうか?病院は8月に入って手術をと言っています。現在は患部が1cmほどになって、大きくなってきました。できるだけ、早く対応してもらえるような病院に行くのがいいのか、それともこのまま大学病院で受診してもらうのか迷っています。大学病院での検査結果はセカンドオピニオン先の病院に持っていけますか?多少のお金の支払いは覚悟しているので、早くもらえて、患者の希望通りにやってもらえる良い病院があれば紹介していただきたいです。本人は53歳、男性です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

まず、「患者の希望通りにやってもらえる良い病院があれば紹介していただきたいです」という部分についてですが、これは色々な意味で難しいです。
病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
特にこの場合、「患者様の希望通りに」治療をすることが、患者様の生命予後に関わるケースです。「安楽死問題」にも通じる法律リスクを恐れて、どこの病院も引き受けてくれないと思います。

次にセカンドオピニオンについてですが、「セカンドオピニオンと医師を変えることを同義に考えていらっしゃる方も多いですが、そうではありません」。「患者さんにとって最善だと思える治療を患者と主治医との間で判断するために別の医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです」。
http://www.2og.jp/kiso.html より引用
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

「そもそもセカンドオピニオンとは、主治医が示した一つのオピニオンについて、別の視点から意見を聞くことで す。情報が増えることで、選択肢が増えたり、その選択肢を判断するための材料が集まります。その上で、患者さんが考える納得のいく治療に近い治療法は何か を検討します。 セカンドオピニオンを主治医にフィードバックすることで、ファーストオピニオンを出した主治医がセカンドオピニオンのメリットとデメリットを述べてくれます」
http://www.2og.jp/qa.html#qa3 より引用

セカンドオピニオンのために「大学病院での検査結果」を他院に持って行くことは可能です。その旨を告げて、紹介状も作成してもらった上で他院を受診するのが正しい意味でのセカンドオピニオンなのです。「セカンドオピニオン外来」を持っている病院も、大学病院を中心に増えてきています。
その結果を現主治医のもとに持ち帰り、治療方針について練り直すのがセカンドオピニオンです。

「大学病院には相談していませんが、本人が希望しているような治療をしてもらえますでしょうか?」というご質問については、大学病院の主治医にまず相談されて下さい。
実際にご家族を診察・検査できないインターネット相談では治療方針を決めることは出来ません。

順番としましては、大学病院の主治医に相談⇒ご家族の意向が受け入れられなかった場合に他院のセカンドオピニオン外来を受診したい旨を告げて検査結果のコピーと紹介状作成を依頼⇒それらをもってセカンドオピニオン外来へ⇒その結果を持ち帰って大学病院の主治医と相談、ということになります。

これで回答になっておりますでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます。まずは主治医のもとで治療を相談するということでね。大学病院の治療が希望しないものであれば、セカンドオピニオンで紹介してもらうようにします。セカンドオピニオン先の病院では一から検査を行うことはないでしょうか?少しでも早く対応したいので、検査を使えたらと思っています。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

大学病院に「内緒で」転院することは、これも色々な意味で望ましくありません。

まず、受けてくれる病院がありません。「紹介状をもらってきて下さい」とかならず言われるでしょう。

セカンドオピニオンを受ける、もしくは転院をするということになれば、大学病院の主治医にその旨を告げて検査結果のコピーと紹介状をもらって下さい。
大学病院ならばそのような対応はほぼ間違いなくしてもらえます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問