JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14343
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

82歳の母の足(膝から下)の皮膚炎について質問します。糖尿病で内科にかかっています。 去年の10月ころから発疹がで

解決済みの質問:

82歳の母の足(膝から下)の皮膚炎について質問します。糖尿病で内科にかかっています。
去年の10月ころから発疹ができ、皮膚科を受診しました。父が去年4月より入院していたので、そのストレスによる発疹と診断され、痒みがあったので軟膏を処方していただきました。薬をつけても良くなるどころか、次第に痛みを伴うようになり、膝から下が赤く腫れ上がってきました。
1ヵ月後の受診の日には、痛みがあることを先生に話すと、別の塗り薬に変えてくださったそうです。しかし全然良くなることはなく、お正月には水ぶくれができ、どんどんひろがっていました。水ぶくれがつぶれると、痛くて歩けないし、痛みで夜も眠れないと言っていました。細菌感染しているのかもしれないので、“お正月明けに病院に連れて行ってあげる”と言ったところ、“もう少しで予約の日だから”と頑として聞き入れてくれなく、即、受診はできませんでした。そして1月の受診日、近所の人からも“ホームコタツで寝たりしていたから、低温やけどかもしれないよ“と言われたと、主治医の先生に話したところ、笑いながら“北国の人はみんな低温やけどになりますよ”とおっしゃられたそうです。
成す術もなく、ますます悪化!!次々とかなり大きな水ぶくれができては、はじけて血膿が出て、履いてるズボンまで汚れる状態になりました。2月の受診日まで待つことができなくて、近くに住む長男(私の弟)が救急外来で受診させました。糖尿病の数値も悪化していて、点滴をしていただき、いろいろ検査を受けました。救急外来の先生から、足の状態も非常に悪いので、主治医の先生に相談するように言われたそうです。翌日に皮膚科を受診すると、主治医の先生から、低温やけどで細菌感染して、糖尿病があるので治りにくいと診断され、早く治すために入院することを勧められました。内科と皮膚科の先生が入院中は診てくださっていました。
本人の1日も早く退院をしたいという希望もあり、約2週間の入院を経て退院しましたが、スッキリと完治したわけではなく、退院後もずっとくぶっていたようで、腫れがひいたかと思うと、またすぐ赤く腫れ上がり、痛みも続いていたそうです。特に最近は、また恐怖の水ぶくれができ、痛みもあるので、とても落ち込んでいます。塗り薬(やけど?)だけでいいのでしょうか?
蜂窩織炎という病名は先生から聞いていませんが、いろいろ調べてみるとこの病名が気になります。このまま今の治療を続けるべきか、セカンドオピニオンというか、他の病院を受診すべきか悩んでいます。この9ヶ月で、母の体力が随分落ちて、体重も35kgまで落ち込んでしまい気力まで低下。食事もあまり摂っていないようで、とても心配です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。

「糖尿病があるので治りにくい」というのは確かです。
糖尿病があると末梢の血行が悪くなるために、怪我や感染症が長引く傾向があります。

お母様の場合も、そのように遷延してしまった火傷から細菌感染を呈したものと思われます。
細菌感染の存在は主治医の説明や「次々とかなり大きな水ぶくれができては、はじけて血膿が出て、履いてるズボンまで汚れる状態」からも明らかでしょう。
丹毒や、
http://health.goo.ne.jp/medical/10OC0900
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

更に悪化して、ご懸念されている蜂窩織炎
http://health.goo.ne.jp/medical/10OC1000

を呈されている可能性は十分にあると思います。

いずれの場合も、抗生物質の服用または点滴が必要であり、その期間も、その後の観察期間も、糖尿病が無い患者さんより長くとる必要があるでしょう。

個人開業医ではなく、入院施設がある皮膚科医療機関を受診され、セカンドオピニオンを仰がれるべきであると考えます。
ただ、お母様に、医師が勧めた通りの治療を、勧められただけの期間、しっかりと受けていただくことは納得していただいた上での受診とされるべきかと愚考いたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問