JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14312
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5月初めに右下肢のふくろはぎと右足の甲に帯状疱疹ができ、皮膚科受診、塗り薬と内服薬で 右下肢のふくろはぎと右足の甲

解決済みの質問:

5月初めに右下肢のふくろはぎと右足の甲に帯状疱疹ができ、皮膚科受診、塗り薬と内服薬で
右下肢のふくろはぎと右足の甲の神経の疼痛と疱疹は2ケ月で治りました。
しかしながら7月5日現在、
(1)時々右足親指の神経に疼痛を感じ、
(2)歩いている時に右足裏(つま先に近い部分)に水泡ができたような違和感を覚えており、30分位   歩くだけで疲れを感じます。
(1)、(2)について、今後の治療方法をお教えください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

(1)、(2)ともに、帯状疱疹後神経痛(神経障害)であるように思われます。

「今後の治療方法をお教えください」とのことですが、皮膚科主治医とは相談されていないのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

6月20日ごろに皮膚科主治医に(1)、(2)の症状を話していますが、いままでの内服薬を2週間分処方されただけで、「今後の治療方法について」明確な回答を頂けませんでした。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様が呈されているのは、前述したように、「帯状疱疹後神経痛」である可能性が高いと思われます。
帯状疱疹後神経といっても、感覚鈍磨のような感覚障害一般が含まれます。

【帯状疱疹後神経痛】
http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

帯状疱疹の原因ウイルスによって、神経が傷つけられることで生じる痛み・感覚障害で、帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。

具体的には、リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。
こうした特殊な痛みの治療は、麻酔科医がペインクリニックで行っていますので、受診されてみることをお勧めいたします。
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

以下のサイトから、ペインクリニックを検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられ る可能性が高いと考えます。できれば、皮膚科の主治医に紹介状を作成してもらって受診された方が診察はスムーズだと思います。

【全国|ペインクリニック≪痛みの治療専門医≫検索|PAIN.NE.JP(ペインクリニックジャパン)】
http://www.pain.ne.jp/

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山 司 様

適切なアドバイスに感謝いたします。

役に立つ回答に満足しています。

皮膚科主治医に、紹介状を書いていただき、ペインクリニックを受診したいと考えています。

今後のご活躍をお祈りいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
質問者: 返答済み 2 年 前.

猫山 司 様

7/6、皮膚科の主治医に紹介状を書いて戴き、昨日(7/7)に早速、治療を受けてきました。腰部に硬膜外ブロックの注射をしてもらいました。

次回、7/14に治療を受ける予定です。

現時点での予想される治療内容は、「硬膜外ブロック」、「神経根ブロック」です。ペインクリニックの主治医に聞き忘れたのですが、

①まず最初に「硬膜外ブロック」を行なう意義はどのようなことでしょうか?

②素人考えでは、右足親指OR右足裏前方部の「神経根ブロック」が先では

③治療の回数は、何回位で効果があらわれ、痛みがなくなるのでしょうか

皮膚科 についての関連する質問