JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3月に蜂窩織炎になり、10日程入院し外科で抗生剤の点滴を受けました。退院後は週次で 血液検査を行い、白血球数とCR

解決済みの質問:

3月に蜂窩織炎になり、10日程入院し外科で抗生剤の点滴を受けました。退院後は週次で
血液検査を行い、白血球数とCRPの数値をモニターしてきました。
3週間程前にCRPも基準となる0.3以下になったとして投薬を止めました。その上で再度
血液検査を実施したところ、CRPが0.8に逆戻りし、再度薬を飲むことになりました。
医師は非常に親切でキチント説明をいただいているので不満は無いのですが、若干慎重すぎるのではないかと思い、第三者の意見を伺いたいと思います。
白血球は7800程度で維持されていますが、CRPが0.8というのはやはり根治されていないと判断される水準なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

10日も入院し、抗生物質を点滴投与したとのことですから、相談者様は蜂窩織炎としても重症例だったのだと考えます。

「3週間程前にCRPも基準となる0.3以下になったとして投薬を止めました」とのことですが、これは、3月に退院と、ずっと抗生剤を服用し続けていたということでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

3月中旬に退院しましたが、6月中旬までの3ヶ間服用しました。

当初はクラビットという薬を、途中から薬を変え、パンスポリンT200

という薬に変わりました。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

通常、蜂窩織炎に罹られた患者様に対しては、白血球や炎症反応(CRPが正常化するまで抗生物質による治療を継続します。
正常化した後は、長期間漫然と抗生物質を使用しないほうが良いと言われています。
抗生物質が効かない、耐性菌が現れる危険性があるからです。

ただ、相談者様の場合、「3週間程前にCRPも基準となる0.3以下になった」とのことですから、3月にかかった蜂窩織炎が、3週間前まで治りきっていなかったのだと、検査値からは判断されます。
蜂窩織炎の場合、感染菌を完全に叩かなければ再発しますので、3週間前までのクラビットの投与は根拠のある長期投与だったと思います。

しかしCRPが再び陽転したために、耐性菌の問題も考慮して、クラビットとは系統の異なるパンスポリンを開始したのだと考えます。

相談者様が呈した蜂窩織炎の重症度の退院後の経過、蜂窩織炎という病気の性質を考えた場合、「CRPが0.8というのはやはり根治されていないと判断される水準」だと見做すことを「慎重すぎる」とは、私は考えません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます
医師からは次回足のMRIをやるように言われております。
現在の処方で進めて行くのがベストという事でしょうか?
かなり長期化しており、不安です。
他のアプローチは無いものでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
長期化しているので、抗生物質を長期投与、再開しているということだと思います。

MRI検査という選択も堅実で、組織の深い部分に感染巣が残っている場合、手術的な治療が選択されるかもしれません。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
今更すいません。MRIの結果いかんでは手術もあり得るということでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
今更すいません。MRIの結果いかんでは手術もあり得るということでしょうか?

皮膚科 についての関連する質問