JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 745
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

ドイツ駐在3年目になる8才の息子の蕁麻疹の件で相談させてください。

質問者の質問

ドイツ駐在3年目になる8才の息子の蕁麻疹の件で相談させてください。 去年末ドイツで体調を崩したものの、その後ケニアに10日間滞在。喉の痛み、咳と高熱が4日間出て、メプチンキッドエアーでも咳が収まらず、ナイロビERに行くも、風邪との診断。その後体調も復活。 ドイツに帰国後3週間ほど経ったある大雪の日に、雪に触った際に、手に蕁麻疹が初めて発症。 その後から寒い日に、蕁麻疹が(手と顔)に出るようになる。 午後になり、気温が上がったり、教室内での授業になると、蕁麻疹は消える。 外でサッカーなど激しい運動をすると、また蕁麻疹が発症。 チテリジンを処方してもらうも、一時的に症状は緩和されるが、外出したりすればまた蕁麻疹は発症し、一向に良くならない。 その後、皮膚科と耳鼻科でのアレルギー検査を受けても、食物アレルギーはなく、ハウスダストとダニと数種類の木のみ。でも、全身に蕁麻疹がでる症状ほどアレルギー反応が高くないとのことで、原因は不明とのこと。 現在約5か月目。特に風の強い日や寒い日などは顔、手首、膝、ひざ裏、お尻に蕁麻疹。また、その際37度前後の微熱を発熱。 お風呂に入ると改善されるため、なるべく薬(テルファスト、朝、外出一時間前に1錠30㎎、外出20分に前1錠と医師から言われています。最大90㎎まで飲んで良いとのこと。)出来るだけ飲まないようにしていますが、外出先や学校で蕁麻疹が出た際のみテルファストを飲むようにしています。

日本人の内科の先生は自律神経の問題と言われましたが、皮膚科と耳鼻科の先生はそうは思わないと言われました。 寒冷アレルギーなどもあると思われますが、外が18度でも少し風か冷たいなと感じると出ますし、お風呂では出ません。逆にお湯に浸かって蕁麻疹を落ち着かせています。 皮膚科と耳鼻科の先生は(ドイツ人)原因がわからないということに対し、本人が一番苦痛のようです。外出する際は顔を見られたくない為、いつもスキーマスクで顔を覆っています。 随分暖かくなってきているのに、まったく症状が改善されません。それどころか、日増しにちょっとしたことで蕁麻疹が出るようになってきています。(家から車に乗り込むだけの移動や、本人はサッカー部に所属しているため、少し汗ばむだけでも蕁麻疹が出て、試合に集中できず困っています。)

また、私(母親)自身も子供の蕁麻疹がストレスなのか、蕁麻疹に悩まされ、お互いに負の連鎖です。 ダニシーツや掛布団とダニ対策もしております。 今後、ますますひどくなるのかと心配です。今はサッカーの試合中に蕁麻疹が出ても、薬を飲ませたくないため、薬は飲まさず、家でお風呂に入っておちつかせています。何か原因などお気づきの点があればお教え頂きたくお願い申し上げます。

(蕁麻疹が出るとき)
・外
・風が強い
・寒い
・朝
・汗をかく前
・汗をかいた後
・天然芝生の上
・夕日が落ちる頃
・お腹が空いたとき
・デパートなどの人ごみ
・サッカーやラグビーなどの最中
・微熱37度がある

(出ていない時)

・寝ている時
・お風呂に入って汗をかいている時
・室内
・太陽にあたっている時

(出る箇所)
手の甲→足の甲→顔→お尻→首→お尻→膝→肘→ふとももの裏→ふとももの付け根→おなか

本人の体重は22キロ、痩せ型、スポーツは週4で活動的。学校は大好きで本人はストレスはないとのこと。なにより蕁麻疹の原因が解らないことが最大のストレスになっていると思われる。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 2 年 前.
こんにちは、こちらご投稿のカテゴリを管理しておりますRyoko.M と申します。
お客様がご投稿になられた質問に回答できる専門家をお捜ししておりますが、回答ができる専門家を見つける
には、残念ながらもう少し時間がかかりそうです。
引き続きお探しいたしますが、もうすでにご投稿の質問への回答を見つけられた場合はご連絡ください

皮膚科 についての関連する質問