JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_morinoに今すぐ質問する
Dr_morino
Dr_morino, 皮膚科
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 739
経験:  開業医
76003100
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_morinoがオンラインで質問受付中

高校2年生の娘が6月ごろから首筋に丸くカサカサしたものができて、カサカサの周囲がかゆいというので 市販の水虫薬を塗

解決済みの質問:

高校2年生の娘が6月ごろから首筋に丸くカサカサしたものができて、カサカサの周囲がかゆいというので
市販の水虫薬を塗っていましたが、治らずに大きくなってきたので、7月ごろ皮膚科を受診したところ、
デンプなんとかという菌なので、心配ないと蓋が黄色できいろいラインが入ったチューブの軟膏を処方
されました。(今、手元に薬の資料がないです)
その薬を塗っても、治るどころか、広がって、顔にまでたくさんできています。
皮膚科を受診して治らないので、薬を変えてくれとお願いしたのですが、「よくなってる。心配ない。
よくある菌なのでこの薬でいい。」と、薬は、変えてくれませんでした。
女の子だし、顔にたくさんできているので、学校に行きたがりません。
住んでいるところは離島で、週に二日だけ皮膚科があります。
このまま、同じ薬を使っていても大丈夫でしょうか。
本土の皮膚科に行くべきでしょうか。娘は、どこに行っても同じだとあきらめています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
Dr_morino :

総合診療医の森野と申します。

Dr_morino :

受診された皮膚科での診断は「でんぷう菌感染症」です。

Dr_morino :

処方された薬は、「ニトラゾール軟膏」かと思います。

Dr_morino :

「でんぷう菌感染症」は、確かに、水虫などと同じ真菌である「でんぷう菌」が皮膚に感染して、湿疹ができる皮膚感染症ですが、痒みがないのが特徴です。

Dr_morino :

質問内容を拝見しますと、痒みがあるようですので、「でんぷう菌感染症」ではないと思います。

Dr_morino :

また、ニトラゾール軟膏は、抗真菌薬であり、でんぷう菌、水虫の原因菌である白せん菌など、多くの真菌に効果を発揮する外用剤です。

Dr_morino :

この薬で、症状は改善せず、逆に、悪化ということを考えても、診断が間違っていると思われます。

Dr_morino :

では、娘さんの湿疹は、何か?ですが、おそらく、肌の乾燥や何かしらのアレルギーによる「貨幣状湿疹」と思われます。

Dr_morino :

抗ヒスタミン薬が入った外用剤を湿疹部分に塗布するのが良いかと思います。

Dr_morino :

市販薬として、「ダイアフラジンA軟膏」「オイラックスソフト」が、ステロイドが配合されていない抗ヒスタミン含有の塗り薬です。通常、薬局で購入できます。ただ、離島とのことですので、置いてあるかどうか?不明ですが、通販でも購入できますので、薬局にない場合は、通販でも購入できます。

Dr_morinoをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。

皮膚科 についての関連する質問