JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_morinoに今すぐ質問する
Dr_morino
Dr_morino, 皮膚科
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 739
経験:  開業医
76003100
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_morinoがオンラインで質問受付中

8/1早朝多摩川を散歩していたところ、左肩甲骨の下に激痛を感じました。その時は気に留めずよく2日にお歩き出したら左ひ

質問者の質問

8/1早朝多摩川を散歩していたところ、左肩甲骨の下に激痛を感じました。その時は気に留めずよく2日にお歩き出したら左ひざと脇腹に劇通が生じ、4キロで戻り、医師の診察を受けましたが異常ないといわれました。翌日総合病院内科で診察を受けたところ、風と診察され、痛み止め、解熱剤を処方されましたが、このときであまりに痛さに立ち上がることや歩行が困難になり両ひざご赤く膨れ上がった状態で最初の主治医で再診していただいた結果、劇毒のある虫注され問うことで、やっと納得しました。質問は、投薬治療をしていますが、点滴等の治療はできないでしょうか。よろしくお目外いたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
総合診療医の森野と申します。
抗アレルギー剤の点滴や注射といった治療方法があります。
たた、注射、点滴は、基本的に、命にかかわる重篤な状態である場合に
行われますので、受診された病院での初期治療は、まず、内服、外用薬であったと思います。

状態が酷いようですので、
再度、受診され、主治医の先生に相談されると良いと思います。



皮膚科 についての関連する質問