JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_morinoに今すぐ質問する
Dr_morino
Dr_morino, 皮膚科
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 739
経験:  開業医
76003100
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_morinoがオンラインで質問受付中

現在10歳の男の子です。二歳の頃から,お風呂上がりなどに,全身に,ヒルドイドソフトにリドメックスを混ぜたクリームを塗り続けています。あまり長い間使って心配ですが,ヒルドイドイドだけ

解決済みの質問:

現在10歳の男の子です。二歳の頃から,お風呂上がりなどに,全身に,ヒルドイドソフトにリドメックスを混ぜたクリームを塗り続けています。あまり長い間使って心配ですが,ヒルドイドイドだけにすると,二日で発疹が出ます。また,足と手のひらは汗疱状湿疹と言われ,ネリゾナとヒルドイドの混合を塗っていますが,良くなったり,悪くなったりで,決定的なものが無く,このまま一生使うのか,と心配。ネットで乳酸とビタミンC、それに,ピオチンなるものが効く、と聞いたのですが,「ピオチン」とは,どんな物質でどこから手に入りますか?
また,効果はどうでしょうか。
                           十歳のまま
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
ビオチンは、水溶性ビタミンの1種で、別名「ビタミンH」と呼び、
皮膚炎を予防する効果のあるビタミンです。

ビオチンは食事からでも摂取できますが、幼い子供さんでは、吸収率が悪く、不足しがちという研究データがあります。

ビオチンが不足すると、免疫力の低下を引き起こし、皮膚細胞のバリア機能が低下し、
アレルギー物質や細菌などが体内に侵入しやすくなり、皮膚炎を起こしやすくなります。
また、ビオチンには、ヒスタミン産生を促す作用があり、アレルギー反応を抑える効果もあります。

入手方法は、Amazonなどの通信販売やドラッグストアなどで、購入できます。


専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
乳酸菌については、腸内環境を整える効果があり、腸内の善玉菌を増やします。
腸内環境は、体の免疫の80%を担っていますので、腸内環境を良い状態に保つことは、
免疫力の向上につながり、ビオチンと同様、皮膚のバリア機能の改善、体内に侵入したアレルギー物質や細菌の除去を行うため免疫力が働き、皮膚炎の改善にもつながります。

以上が回答となりますが、このような回答でよろしかったでしょうか?

追加の質問がありましたら、返信ください。
ない場合は、今回の回答への評価判定をお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ビオチンと,乳酸菌が皮膚のバリアや免疫力を高めることがよく判りました。当該の子供は自閉症で,痛みの感覚も弱いのか,手のひらまで広がる汗疱湿疹がひどくなっても,あまり気がつかず,自分の歯で齧ったりして急に悪化することが多く,良くなったり,悪くなったりいたちごっこでした。主人は内科の医師ですが、どこかから、


ビオチン散9mgと一緒に「ミヤBM3g」なるものをビタミンCとともに摂取すると,聞いてきたのですが,自閉で、てんかん薬など、そのための薬も大量に飲んでいるうえに、母親としては、どうも自分の子供に知らないものを飲ませるのは、心配で。二つ質問があります。まず,「ミヤBM」とは,どんなものでしょうか。それから,乳酸ですが,どのようなものからとらせれば良いのでしょうか。小さい頃大好きだったヨーグルトに,薬を混ぜて飲ませた日から7~8年一切ヨーグルトは口にしてくれませんし,ヤクルトもあまり飲みません。錠剤は大丈夫ですが,何か乳酸を摂取できるもの,食品も含めて教えてください。十歳のまま

専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
ご主人様は、内科の先生なのですね。

ご主人様が言われている情報は、汗疱湿疹が「ビオチン不足」が原因で起こるという
説を元にした処方内容です。

「ビオチン」は、先の回答でも述べましたが、ビタミンHです。
これを摂取すると、皮膚のバリア機能や免疫力が向上するだけでなく、
腸内細菌のうちの乳酸菌を増殖させる作用があります。
そして、この乳酸菌が増えすぎてしまうのを防ぐのが整腸剤である「ミヤBM」です。
「ミヤBM」は、乳酸菌が「ビオチン」によって異常増殖しないように、正常なバランスを保ってくれる「整腸剤」です。
有害なものでは、ありません。

ビタミンCに関しては、「ビオチン」と一緒に摂取することで、「ビオチン」の吸収力を高めます。

以上の理由から、「ビオチン」「ミヤBM」「ビタミンC」を一緒に摂取するという
ご主人の話があり、それは、息子様の汗疱湿疹の治療方法です。

ただ、量に間違いがあります。
「ビオチン散9mg」とありましたが、4.5mgです。
お間違えの無いよう服用してください。

専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
書き忘れましたが、
「ミヤBM」は、酪酸菌で、乳酸菌の1種です。
「ミヤBM」を服用されるなら、乳酸の摂取は必要ないです。
専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
参考までに、乳酸菌を含むヨーグルト・ヤクルト以外の食品としては、
味噌、チーズ、しょうゆ、糠漬け
です。
いわゆる、発酵食品に多く含まれます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生ありがとうございました。よくわかり,将来に明るい兆しが見えたように感じます。詳しくありがとうございました。


最後の質問です。ビオチンが4.5mgだとすると、ミヤBMの量は10歳児でどのくらいですか。また,ビタミンCについては,シナールを水に溶いて飲ませようと思いますが,この量もおしえてください。


また,これら三種をどのくらいの間飲ませたら良いですか。長期に毎日飲ませていて、症状がひどくなった話をネットで見ました。参考までに長い間飲ませた場合に起こりうる,副作用について教えてください。それと、


この三種を飲んでいても,ヤクルトなどを飲ませても、飲めるようならかまわないでしょうか。          十歳まま

専門家:  Dr_morino 返答済み 3 年 前.
ビオチン散4.5mg
ミヤBMは、3g
ビタミンCは、1g
です。

この量を1日3回服用します。


服用期間は、1~2ヶ月です。
それ以上は、免疫が高まりすぎ、逆に、アレルギーを起こしやすくなります。

また、ビオチン服用中は、生の卵白は、避けて下さい。
ビオチンの吸収を阻害します。

ヤクルトなど乳酸菌ですが、飲めるなら、飲まれても構いません。

Dr_morinoをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問