JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 745
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

88歳の母(体重27キロ)、水泡性類天疱瘡で総合病院に入院しました。プレドニン30ミリ投与開始6日目です。新たな水泡

質問者の質問

88歳の母(体重27キロ)、水泡性類天疱瘡で総合病院に入院しました。プレドニン30ミリ投与開始6日目です。新たな水泡はでていないそうですが、これまでにできた水泡あとの傷の治療に疑問をもっています。入院以来一度もシャワーで傷を洗う こともなく、消毒後リンデロン軟膏そしてガーゼをのせ体幹、両手足包帯でぐるぐる巻きの繰り返しです。体幹の一部乾いた傷もありますが、四肢の傷は状態の変化なく、拡大した傷も散見されます。ガーゼ交換のたびに母は痛がっています。
近年、傷の治療は変革され、消毒するよりも水で洗い、くっつかない被覆材でカバーすることが患者にも負担なく治療の結果も良いとされているはずです。担当医に頭髪のシャンプーや身体シャワーのことを聞いてみたのですが、2週間はシャワーはだめ、感染のリスクがあり敗血症にもなりえます!ととりあってもらえませんでした。ステロイド投与で免疫が低下していることは承知してますが、ガーゼ交換の痛みというストレスに毎日さらされていては、より傷にダメージをあたえるのではないかと心配しています。本人はいたって元気なため、いっそ自宅での傷治療のほうが・・とすら思います。入院時の説明ではそんなに重いことはないので、最初の大量のステロイドでぐんと症状はよくなります・・とのことでしたが、その実感もなく、不安がつのります。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 皮膚科

皮膚科 についての関連する質問