JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

全身の皮膚(特に柔らかい部分)脇腹 股 肩 膝の後ろ パンツのゴムの痕 靴下のゴムの 痕 頭の髪の毛はえてるところなど 痒くて痒くて仕方がない 痒くとあかい斑点のできもの がで

解決済みの質問:

全身の皮膚(特に柔らかい部分)脇腹 股 肩 膝の後ろ パンツのゴムの痕 靴下のゴムの
痕 頭の髪の毛はえてるところなど 痒くて痒くて仕方がない 痒くとあかい斑点のできもの
ができたり 皮下出血ができます 特に風呂で温めた後は痒いです
血液検査 ige 730 検出 他は異常なしと言われました
スチブロン軟膏
オロバタジン塩酸塩錠5mg  1日2回服用
軟膏を塗ると2~3日で一応治り 他の場所に痒みが移ります
尚小生20年近く喘息の薬(オノン 服用 アドエア スピリーバ吸入)
6年前より前立腺薬 ユリーフ服用しています
5~6か月前からこんな状態が継続していますが原因は 他の治療法はないのでしょうか
75才の男性です よろしくお願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

痒みが強い湿疹が出ているようでお辛いことと思います。
IgEが高いことと、喘息の持病がおありのことからかなりのアレルギーがあるようにお見受けします。
アレルギーがありますと、何かと反応して湿疹やじんましんが出たり、そういう場合は痒いです。
反応した時にヒスタミンが放出されるわけです。
掻いて刺激を与えますとますますヒスタミンが放出されて赤い斑点ができ、掻き過ぎますともちろん出血を皮下に起こしたり皮膚が破れたりしますよ。

痒みは体が温まると増しますし、また肌が乾燥していますと痒みがひどくなったり肌が赤くなったりします。

そこで対策法を書きますので少しお待ち下さいね。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
まずはヒスタミンの放出を抑えるための抗ヒスタミン薬=アレルギー薬が必要になります。
第一世代の抗ヒスタミン薬と第二世代の新しいタイプの抗ヒスタミン薬の二つがあります。
そのうち急な痒みや蕁麻疹には古いタイプの第一世代の抗ヒスタミン薬がよく効きますよ。
それを頓服使用されるといいと思います。
例としましてはアタラックスやジフェンヒドラミンです。
皮膚科の先生やアレルギー科の先生に処方してもらいましょう。

次にできてしまった湿疹を治療する方法はストレスが高いですから予防を考えましょう。
新しいタイプの第二世代の抗ヒスタミン薬のジルテックやザイザルを毎晩お休み前に服用するやり方です。
そうしますと抗ヒスタミン効果が24時間持続しますよ。
それを飲んでいても湿疹が出たり痒みが出たら頓服使用の第一世代の抗ヒスタミン薬を服用しましょうね。

乾燥肌ではないかと想像しますのでふだんから保湿には特に気をつけてください。
これがお勧めでして、お風呂上りはもちろんのこと昼間も何回かつけてください。

http://igoodsusa.com/EucerinOriginal.htm

このサイトを参考にされて下さいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

過去にクラリチン ザイザル 現在オロバタジンを服用いましたが…

第一世代と第二世代の抗ヒスタミンを併用してもよいのでしょうか

尚書き忘れていましたが小生アスピリン喘息です

乾燥肌にヒルロイド軟膏 乳液 頭のできものにデルモゾールローションを皮膚科の

先生からいただいて塗っていますが一向によくなりません色々な

薬を吸入 服用 塗布しているのはよくないのでしょうか

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
抗ヒスタミン剤はアスピリン喘息の原因にはなりませんので安心してお使いくださいね。
喘息やアレルギーやアトピー性皮膚炎は非常に関連が深いです。
あなたの湿疹がアトピー性皮膚炎であるかどうかはわかりませんが。。。と言いますのはアトピー性皮膚炎は股には出ませ ん。
股の部分の問題は別の問題の可能性もあります。

それでご質問の抗ヒスタミン剤の併用はまったく問題はありません。
ステロイドの長期使用は副作用が怖いですね。
ましてや効果がないということですからなおさらです。
しかし保湿は続けられてください。保湿はマストです。
吸入はもちろん続けてくださいね。この影響ではありませんので。
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問