JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4036
経験:  医師、医学博士1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

左肘の裏側部分に2センチ角程度の皮膚疾患ができて、1年くらい前から皮膚科開業病院でマイザー軟膏をいただき塗布していま

解決済みの質問:

左肘の裏側部分に2センチ角程度の皮膚疾患ができて、1年くらい前から皮膚科開業病院でマイザー軟膏をいただき塗布していますが好転しません。その旨当該病院の医師に相談したところ「ボーエン病」表皮内のガンの疑いもあるので大きな病院で診断をするよう病院を紹介されました。ボーエン病の場合は、治療は切除しかないとも言われましたが、そうなのでしょうか。切除手術は大変なのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
まず、それがボーエン病かどうかその一部をとって顕微鏡下で検査する必要 があります。ボーエン病であるならばそれはとても遅く増殖するので経過観察で良いこともあります。しかし、それは3−5%が治癒することの出来る扁平上皮癌になることがあります。経過観察が好ましくなければ液体窒素で凍らせてそれが自然と落ちるのを待つ方法、特殊なクリームを塗る方法、その部分を削り取り出血は電気こてでとめる方法、特殊なクリームをぬりどれに光線を当てる方法、手術で取る方法、レーザーでその部分を取り除く方法があります。切除手術は大変ではありません。局所麻酔で出来ます。
Dr_GATOをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問