JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は、現在札幌在住の30歳(女)です。 今年30歳になってから、小さなしみのようなものが、顔の頬・鼻あたりに増えて

解決済みの質問:

私は、現在札幌在住の30歳(女)です。
今年30歳になってから、小さなしみのようなものが、顔の頬・鼻あたりに増えてきて、何とかして消そうと美顔器を使用しながら奮闘しているのですが、なかなか消えません。また、ストレスのせいか、顎の下ににきびのようなブツブツが発生してしまいました。
しみににきび、本当に消したくて仕方ないのですが、よい方法はないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

皮膚科疾患を視診せずに診断することはしばしば困難です。「しみ」とひと口に申し上げても様々な種類があります。一般的には色素沈着による「肝斑」を指すことが多いのですが、相談者様の「しみ」は下の写真に似ていますか?
http://www.nijigaoka-sc.jp/cosmetic_surgery/images/img05.jpg

しみの件で皮膚科を受診されたことはあるでしょうか。

持病や常用薬があれば教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

御返答ありがとうございます。


写真の「しみ」に似ていますが、もう少し薄く、範囲もせまいです。


ただ、放置していたら、点々が濃くなってきている気もしています。


 


今まで皮膚科を受診したことはなく(5年ほど前に帯状疱疹になったときのみ)、これから受診したいと考えています。


常用薬はないですが、酵素サプリメントを飲んでいます。


とくに内臓機能等に係る持病はありません。


よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

肝斑は、30~50代の女性に好発する、ホルモンバランスの崩れが関与して起こるメラニン色素沈着です。

【紫外線と、女性ホルモンに注目。肝斑のヒミツ|かんぱんINFORMATION】
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/mechanism/02.html

数や範囲、色の濃さには個人差がありますので、相談者様のしみが肝斑であるという前提で回答させていただきます。

肝斑の場合は、トラネキサム酸という、色素沈着抑制効果をもつ内服薬を用いた治療が行われます。
ただ、保険適用外ですし、処方箋なしで薬局で購入することもできますので、まずこれを試されてみてもいいかもしれません。

【はじめてのしみ〔肝斑(かんぱん)に限る〕改善薬トランシーノ】
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/product/index.html

前述のように、しみの原因は1つではありませんし、原因ごとに治療法の違ってきますから、皮膚科を受診されてきっちりと診断をつけてもらうのも一策であろうと考えます。

【肝斑の診断と治療の3ステップ。皮膚科医が教えるかんぱん治療】
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/treatment/index.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問