JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14365
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

ペエジェット病の症状、治療を教えて下さい

質問者の質問

ペエジェット病の症状、治療を教えて下さい
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

パジェット病は、汗腺のがんです。汗腺にはエクリン腺とアポクリン汗腺がありますが、パジェット病はアポクリン腺由来の皮膚がんであると考えられています。

女性の場合、パジェット病は、アポクリン腺が多く分布する乳房と外陰部に発生します。
乳房に発生するパジェット病は乳房外パジェット病と呼ばれ、高齢者男性に多く、主に外陰部や肛門周囲、まれに腋窩や臍に発生します。

症状はかゆみ、じゅくじゅくしたびらん(ただれ)、進行すると隆起した腫瘤を形成します。
乳房外パジェット病は、表皮から真皮内に浸潤するとパジェット癌と呼ばれるようになり、リンパ節転移や遠隔転移を起こす可能性があります。

治療は広範囲切除術が行われます。
病変から2cm以上、正常に見える皮膚を含めて切除します。
切除片は手術中に迅速病理診断され、正常に見えていた部分に浸潤がんを認められた場合には、さらなる広範囲切除とリンパ節の郭清が行われます。

以上、ご参考になれば幸いです。

追伸 以下に、国立がんセンターが発行している乳房外パジェット病の患者様向けガイドブックのリンクを張っておきます。
http://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000ul10-att/162.pdf

皮膚科 についての関連する質問