JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

こんばんわ、父の蕁麻疹のことで質問をさせてください。

解決済みの質問:

こんばんわ、父の蕁麻疹のことで質問をさせてください。 1ヶ月近く全身に、境界のはっきりした膨瘤疹が続いています。小さいのから大きいもの、場所もその都度移動しています。 かかりつけ内科にて、ソルメド125mgの点滴、アレグラ、ニポラジンなど処方を受け、一度はひきましたが、本日再度同様の症状が出てきました。本日は強ミノの注射wしてもらいましたが、それで もひどくなってきているようです。 父は、アレルギー性鼻炎があるのと、口唇ヘルペスが出来やすい以外は、今迄このような症状は出たことがなく、かわいそうです。 今迄服用していた、サプリメントもいっさいやめていますし、思いあたる食べ物も食べておりません。洗濯洗剤も今迄と同じですし、本当にどうしたら良いのかわかりません。母から聞いたのですが、膨瘤疹が出現する1ヶ月前くらいから、顔面、特に前額部に湿疹のような、ボコボコしたものが出てきて、顔全体も赤くなっていたということです。最初にかかりつけ医にかかったときに、血液検査をしたのですが、検査データは問題ありませんでした。このまま父の蕁麻疹がひどくなって、呼吸困難にでもなったらと思うととても心配です。 専門医の先生、よろしくお願いします。 わたしは看護師をしています。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

そうしますとソルメドを3日間受けられてそのあといったんひいたということですが、何日くらいおさまっていてぶり返しましたか。
ソルメドは3日間連続で受けられたんですよね。

じんましんが出るたびに頓服でのめるようなお薬は処方されていないのでしょうか。

私はアレルギー疾患をよく扱っています。
何でも聞いて下さいね。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます、

ソルメドの点滴は仕事の都合もあり、3日連続で受けたのではなく、9/11.15.17と受けたそうです。
また、アレグラとニポラジンの内服は9/6から現在まで続けているようです。
そして、9/11〜13は眠前のセレスタミンの内服もしたようです。
9/12にはやや蕁麻疹はひいてきて、9/15の点滴後にはほぼひいたようですが、9/17にはまた少しぶり返してきたため、3回目のソルメド点滴に行ったと言っています。
そして、9/18に強ミノの注射をしたようですが、本日9/19は元通りの全身に掻痒感の強い、境界のはっきりした膨瘤疹が出ているようです。

よろしくおねがいします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうしますと3回目のソルメドは効果がなかったのかそれともひいたが18日にぶりかえしたので強ミノの注射を受けられたのですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

3回目のソルメドは1~2回のソルメド後よりは効果がなかったようです。
そして、18日の朝には大きな膨瘤疹が出現したため、かかりつけ医に行き、強ミノの注射を受けたようですが、その後も蕁麻疹は広がっていっているようです。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それで、ステロイドの内服は処方されなかったんですよね。
頓服の抗ヒスタミン薬、例えばアタラックスなどはいかがです?
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在服用しているアレグラとニポラジンは続行して、頓服でアタラックスを使用していくということですか?

家族で原因因子になりそうなものは避けるようにしているのですが、例えば、父は60才なんですが、年齢的にホルモンバランスが崩れてとか、今ならイネ花粉とか、そういったこともきっかけになりますか?
仕事人間で現役で仕事もしているので、かわいそうですし、根気よく内服を続けるのが最適な治療と父に説明しても良いでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

お答えが少し長くなります。
よろしかったらお時間を下さいね。

一時間か2時間ほどいただければ書けると思います。
よろしくご了承下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

待ちます!
よろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はい、それでは後ほど。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

ほぼ難治性の慢性のじんましんになっているかのようでほんとうにたいへんだと思います。
何が引き金になって体の中でヒスタミンが放出されてじんましんが出ているのでしょうが、その原因がよくわからないと本当の意味で治療ができないので難しいと思います。つまり放出されるこのヒスタミンを予防しない限りはじんましんや痒みは取れませんよね。
アレグラやニポラジンは抗ヒスタミン剤で 、このヒスタミンをブロックしてくれます。
ただ原因は環境にある以外、ウィルスが原因になったりとするケースも多くあり、原因を特定するのは難しいことが多く私たちは原因を追求するより治療に専念します。

さてアレグラやニポラジンもいいのですが新しいお薬でザイザルやジルテックというお薬があります。
やはり一日に一度服用すれば効果が持続しますので、便利ですし、眠気も少ないです。
私は個人的にはジルテックをよく使っています。

そしてステロイドの内服を短期間されますと悪循環が断ち切れます。
お父様の場合は少し長めに続けなければいけないかもしれませんが、とにかく高い量のステロイドを使ったのは3回のみですのでしばらく続けたほうがいいと思います。
そしてその際に第一世代のジフェンヒドラミン系の抗ヒスタミンもふんだんに使うべきだったのではと思います。
と言いますのは、アレルギーには2段階ありまして早期の段階はただ単にアレグラやニポラジンのような抗ヒスタミン薬で十分なのですが、遅延性の段階にはどうしてもステロイドの力が必要でしてステロイドで遅延性の部分をコントロールしませんとじんましんが返ってきます。
ですからステロイドの内服は試していただくといいと思います。
主治医の処方箋が要りますね。

もし皮膚科専門医のセカンドオピニオンを考えられているならこのリストを参照にされて下さいね。

http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/

アレルギー科もいっしょに標榜しているようなところが理想的なんですけどね。

次に難治性の蕁麻疹の治療法について書かせていただきます。
そこであなたのこれ以上にアタラックスを?という部分のお答えが書けると思います。
お待ちください。

まだ評価はされませんように。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
抗ヒスタミン剤で、慢性じんましんに効果のあるものを毎夜、服用されて下さい。
リサーチによりますと一番いいのは、ザイザル、次はジルテック、次はアレグラ、最後はクラリチンです。
状況に応じて頓服でアタラックスを服用します。
抗ヒスタミン剤は眠気がしばしば副作用として問題になりますが、続けて取ればその副作用は1-2週間で弱まっていくと言われています。

これらのザイザル等の抗ヒスタミン剤は毎晩続けることです。
頓服ではいけません。
そして通常の2ー4倍の量まで服用していいそうです。
European Academy of Allergology and Clinical Immunologyのリサーチ結果では難治性の慢性じんましんの場合は4倍 の量まで取らないと効果がない結果が出ています。
つまり違う種類の抗ヒスタミン薬であれば増やしてもいいのだと思いますし、例えば胃のお薬のガスターも抗ヒスタミンですので追加してもいいと思います。

次に抗ヒスタミン剤で効果がない場合ですが、コルヒチンやダプソン、チラージンまで使うことがあるそうです。免疫抑制剤も使うようですが、これは毎日の使用としてはちょっと避けたいですよね。

あと、プレドニソンですが、ステロイドの内服は確かにアレルギー反応の二つのステージのうち遅延性の部分をブロックしてくれますので次のじんましんが出る悪循環を絶ってくれますからいいお薬です。
毎日か一日おきのプレドニソン、それも低量であればあるほどいいですので、滴定してみて一番低い量に合わせます。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書き入れられてくださいね。
docmmartをはじめその他2 名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問