JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

頭頂の頭皮に関して、かさぶた(というより肥厚した皮膚)を毎日のように爪ではがしてしまうという嗜癖的掻破行動があります

質問者の質問

頭頂の頭皮に関して、かさぶた(と いうより肥厚した皮膚)を毎日のように爪ではがしてしまうという嗜癖的掻破行動があります。 
12~3年前の20代前半にアトピー性皮膚炎が悪化した頃から、嗜癖的掻破行動が始まりました。 当時は頭皮以外にも額や首などを引っ掻いていましたが、36歳の現在は、主に頭皮だけ残っています。 

肥厚した皮膚をはがした部分は、その後1~2日ですぐ肥厚してきますので、よくわかりませんが錯角化?かもしれません。

 はがした皮膚の裏側には、コルノイドラメラ?錯角化性円柱?か何かがびっしりとついていて気持ち悪く、この気持ち悪さが「はがさなければ」という強迫観念を助長しているようです。 

仕事のストレスが多い時や集中力が要求される時に、嗜癖的掻破行動がひどくなります。

 また、はがした後には満足感すらあります。


 名古屋在住ですが、「あぁ、アトピーですね。ステロイド出しときますね」とだけ言われてあしらわれないためには、皮膚科の先生にどのように相談すればよいでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんお困り のようですが、おそらく知らないうちに剥がすというパターンが出来上がっていることも状況を助長していますよね。
違いますでしょうか。

もし、何かベトベトするようなものを常に塗っておけば、保湿になるし、触ればベトベトするので、
あ、いけない。触っちゃいけなかったんだ。
みたいな感じで警告になるんですがそのような方法を試されたことはありますか。

これは、毛を抜くくせのあるトリコチロマニーを治す一つの方法です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
御返答ありがとうございます。


そうです、気が付くと手が頭皮に行っていることがよくあります。


肥厚した皮膚のガサガサした感触に気付いてしまうと、理性では「はがさない方が良い」とわかっていても、もう「はがさなければならない」という強迫観念に勝てない状態です。


ベトベトするようなもの(ステロイド入りのワセリンか何か?)で保湿するという方法、7~8年前くらいに試したことがあるような気がします。

効果は、あったような無かったような・・・

確かに、「あ、いけない」という警告にはなるかと思いますが、「はがさなければならない」という強迫観念がかなり強力なので、理性が勝てる気がしません。むしろ「はがしたい」という欲求が強いと言った方が良いかもしれません。

それプラス、なにか行動療法的なことが必要なのかもしれません(とは前から思っているのですが、思っているだけで実行していません)。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。

そうすると心療内科の助けも必要な感じですが、受診に抵抗はあるでしょうか。

こういう行動パターンは意外 と多かれ少なかれ、誰にでもあるものなんですよね。
爪をかじる、鼻をほじる、考えてみると意外とね。。。

それで、けっこう長期化していますから治したければ本気で自覚を促す方法をまずは取らなければいけません。
ワセリンはけっこうべたつきますからしょっちゅう塗ることによって保湿になるし、警告になるし。
もう一度やってみる価値はあります。
一番経済的な方法ではあります。
ワセリンの前にステロイドは塗って下さい。
そして、頭皮が乾燥していればワセリンでは効きませんので、尿素入りの保湿クリームも塗ります。
これだけ何回も剥がされていれば、思うに抗生物質の内服が必要なくらいになっていると思います。
ミノマイシンでいいですので処方してもらってしばらく服用します。

そして、もし、抵抗がなければ心療内科でご相談くださると一層効果的でしょうね。

ご質問がございましたら回答の評価をされる前に返信機能をお使いの上質問を書き入れて下さいね。

docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
御回答ありがとうございます。

心療内科の受信に抵抗はありません(とりあえず向精神薬を出しておくか、みたいな先生なら絶対嫌ですが)。

もし、心療内科を選ぶ基準などをお教え頂ければ大変助かります。



ワセリンや尿素入り保湿クリームについては、もう一度試してみます。


また、さっき書かなかったのですが、皮膚をはがして出血した後、

雑菌の増殖を防ぐために市販のエタノール入り洗顔シートで患部を拭いたりしてしまうのですが、たぶん乾燥の原因になっているのでやめた方がいいんでしょうね。

抗生物質を飲めば、患部の消毒は必要ないのでしょうか?



たまに、緑茶茶葉の消毒効果やら抗ヒスタミン効果に期待して、熱湯にさらした直後の茶葉を頭皮の患部や顔のニキビに当てるという自己流の怪しい民間療法を施すこともあります。これも、肌への刺激が強いのでやめた方がいいんでしょうね。

炎症を抑えて痒みを抑える効果があるような気がして、たまにやってしまうのですが・・・
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
消毒は絶対にやめましょう。
保湿がしっかりしないととにかくこういう問題は治り切らないです。
肌の刺激の強いことはやめてくださいね。
もし痒いなら、抗ヒスタミン剤が必須です。
最近はいいお薬が出ています。
ザイザルや、ジルテックは24時間効果があり、眠気をさすことが少ないです。
アトピーには、必須の治療薬ですね。

心療内科ですか。
こればっかりは相性がありますものね。。。
いくつか当たってみるつもりで受診されてください。
すみません、これくらいしか言えなくて。
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました!
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして!

お答えし損ないましたが、抗生物質でいったん叩けば切れて血が出ておそらく感染症を起こされている部分も癒されますので。

皮膚科 についての関連する質問