JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

尋常線乾癬についてですが、実は、弟がこの持病を持っていて、もう10年くらいですか、症状がでて、ここ3年くらい、病院へ

解決済みの質問:

尋常線乾癬についてですが、実は、弟がこの持病を持っていて、もう10年くらいですか、症状がでて 、ここ3年くらい、病院へ毎月点滴を受けています。が、やはり、医者からも話があった様で、他の臓器への弊害が起こることはあると。今現在、リウマチの症状がでて、膝が痛いようです。階段が辛いらしく、またその為の薬を服用しています。結局、肌を普通に保つために、ステロイドの薬を点滴しているのだと思うのですが、このままで行くと、老後の心配があります。今彼は35歳。まだまだ働き盛りで、リウマチだけに留まらない気もします。家族としては、医者の話ばかりを信じ、生活態度を改めていない弟が心配です。
彼は仕事、人間関係でストレスを溜め込むタイプ。そして、運動しない、インドア職業(コンピュータ関連)、ジャンクフード食べまくり、外食がほとんどの毎日です。タバコも相当吸っていましたが、最近は、辞めたのか減らしたのかしているそうです。乾癬の弊害で、目は片目を手術しています。いわゆる、白内障と緑内障のコンバインだったらしいです。このことがあり、薬の投与を続けている限り、子供を作ることは、諦めているらしいです。それは、薬の弊害で奇形児が生まれる可能性があると医者に言われたということです。それも今回、先方で確認できたら幸いです。こういった、薬への弊害だけではないと思うのですが、今の時点でいい状況とは思えず、アドバイスを頂けたらと思います。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
あなたのもう一つのご相談にお答えしたものです。

乾癬から関節炎を起こしますのでリウマチとは違うんだと思いますが、リウマチもあるのですか。
お薬はステロイドの点滴?
それともステロ イドの外用薬?
子供が作れないというお薬は免疫抑制薬の、例えばメトトレキサートでしょうか。
それならあり得ますね。。。

この時点で、何が一番お知りになりたいか、書いていただけますか。
状況はだいたいわかりました。
でも、お聞きになりたい事が箇条書きになっていると助かります。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
薬の種類を弟から聞いてみます。
今分かっていることは、薬は点滴を月一で受けてるそうです。10万くらいするそうです。


今の時点で、知りたいことは、

1.ステロイド以外に何かもう少し臓器に負担の少ない薬があるのか、またその効果は低くなるのか?また生活態度など、改めるべき事柄をアドバイスしていただきたいです。

2.緑内障の手術をしていますが、これが、さらに酷くなることもあるのでしょうか?他の目の病気や、その他の臓器の病気など

3.子供を作れないというそのメトトレキサートだとすれば、薬を使わなくなったら、また子供を作ることが可能というか、精子に問題がなくなるのでしょうか?

4.乾癬の薬では、リウマチではなく、関節炎を起すというのは、薬を常用している間ということでしょうか?それとも、薬を止めたら関節炎もなくなるのでしょうか?


今時点では、以上のことが気になっています。


宜しくお願いします。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
わかりました。

それでは薬の情報がわかり次第お答えしましょう。
推定でものを言っても役に立ちませんものね。

そうそう、お子さんご希望なんですか。それとも知識としてしておきたいのかどちらでしょう。
あと関節炎は乾癬の 一部の症状です。
乾癬の治療と乾癬による関節炎は両方同じようなお薬で治療します。
ということで、4番はいいですか。

2番ですが、緑内障が完治しているなら、目に関しては定期的に眼科に行かれている限りは問題はあまり関係がないと思いますよ。

あとは、1と3番ですね。
お待ちしていますよ。

docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問