JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

10年くらい前から、お風呂上りや、ヘアドライヤーを使うなど、 体があたたまると赤くまだらに発疹し、痒くなります。

質問者の質問

10年くらい前から、お風呂上りや、ヘアドライヤーを使うなど、
体があたたまると赤くまだらに発疹し、痒くなります。
首から下の部分で、耳の下や首、背中、お腹が多く、尻などにもでます。
発疹が出る場所は一定しません。
ただ、時間がたって、体が冷えると、発疹もかゆみも消えていました。

汗をかいたときに、自分の熱で、発疹とかゆみが出ることもありました。
体にフィットしたシャツや、着物を着るときの体にまきつける下着など 、
とにかく皮膚と着るものが密着すると、そこが温まって、発疹することも。
赤い、まだらの発疹です。

ですが、ここ数日の暑さで、
発疹&かゆみがなかなか消えず、かゆくて困っています。
手足が痒くなるようにもなってきました。
見た目には、手足はそれほど赤くはなっていません。

よろしくお願い致します。


ところで、
最初に症状の出た10年前は、猫を飼い始めていて、
そのときに自分の皮膚がかゆくなる気がしたことがありました。
その後、花粉症になり、その検査で、同時に若干の猫アレルギーがあることが分かりました。
猫は、トータルで6年くらい飼っていました。

そのことと関係があるかどうか分かりません。
花粉症を発症した後くらいから、この湿疹も出始めたので、念のため。



もともと皮膚は強いほうではなく、
5、6歳頃から20歳ごろまで、毎夏になると手の平、足の裏に水泡ができて、
かゆくなり、それがやぶけると赤くただれれて痛くなる、という湿疹がありました。
祖母や父も、幼少の頃に出ていたようで、遺伝のようです。
祖母は、20歳になったら治る、と言ってましたが、確かに成人するとほぼ治りました。
現在は、中性洗剤等をつかうと、当時のような水泡ができたりかぶれたりするので、
洗剤使用時は手袋を使うようにしています。

化粧品も敏感肌用を使っていて、種類も極力少なくしています。
かゆみ対処には、メンソール系のものを塗ったりする程度です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


こんばんは。猫山と申します。

ご記載の症状は温熱じんましんと呼ばれるものであると考えられます。

【温熱じんましん】
http://www.zinmasin.com/06onnetu.html

一般のじんましんと同様に、抗ヒスタミン薬の服用や塗用が有効ですので皮膚科を受診されることをお勧めしますが、一般に、いちど発症してしまうと、根治(薬を服用しなくてもよいという意味での治癒)は難しいとされています。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご診断をありがとうございました。


 


この温熱じんましんは、従来のアレルギー体質とも関連があるのでしょうか。


花粉症や猫アレルギーなどの関連も考えられますか。


 


背中や首、腹だけでなく、手足までかゆくなってきたのは、


じんましんの進行がひどくなったということでしょうか。


 


よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

温熱じんましんは非アレルルギー性じんましんに分類されます。アレルギー体質とは直接の関連はありません。

悪化傾向は、温熱じんましんが悪化したか、発汗とも関係があるようですので、コリン性じんましんが続発しており、汗をかきやすい季節性要因で悪化しているのかもしれません。

【コリン性じんましん】
http://www.jinmasin.com/mt/archives/2006/03/post_10.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速に有難うございます。


 


アレルギーだと、免疫系や自律神経に関係があるようですが、


非アレルギー性じんましんであれば、


原因はどこにあるのでしょうか。


 


よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
体質としか申し上げようがございません。

当初のご質問には過不足なく回答したつもりでおります。追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

追加質問に関しましては、どこかで線引きをする必要がございます。そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。

http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

以下、「返信」機能に関するJustAnswerサポートデスクの見解です。

*********************************************
JustAnswerは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
URLを張り付けて、ご参考ください、というのは、
有料診断では不適切だと感じます。
そのことについて質問を重ねたら、苦情がきました。
別の方に回答いただくか、
今回の診療をキャンセルしたいです。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

皮膚科のご質問、私に何でも聞いて下さい。
お役に立てれば嬉しいです。

さて、アトピー性皮膚炎や、喘息の既往はありませんか。
この症状に関して、アレルギーのお薬=抗ヒスタミン剤を服用されたことはありますか。
猫アレルギーの件ですが、その時におそらくそういうお薬が出されたのではないか?と想像するのですがいかがでしょう。
覚えておられる限りです、どのような科を受診されたとか、どのようなお薬を使われてきたか教えてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事をありがとうございます。


 


アトピーや喘息の既往は今のところないです。


家族にはあるので、体質的にゼロではないかもしれませんが。


 


猫アレルギーに関しては、花粉症の検査で分かったことですので、


花粉症対処に抗ヒスタミン剤

質問者: 返答済み 4 年 前.

お返事をありがとうございます。

 

アトピーや喘息の既往は今のところないです。

家族にはあるので、体質的にゼロではないかもしれませんが。

 

猫アレルギーに関しては、花粉症の検査で分かったことですので、

花粉症対処に抗ヒスタミン剤をいただいたことはあります。

ですが、

花粉症も症状が改善されたので、ここ数年は通院もしていませんし、

抗ヒスタミン剤も使用していません。

 

現在の症状は、温熱じんましん、

あるいはコリン性じんましんかもしれないということですが、

これらの蕁麻疹が、非アレルギー性であるなら、

免疫力の低下や、心因性やストレスが原因の可能性が高いのでしょうか。

 

抗ヒスタミン剤は根本治療にはならないとのことなので、

時間をかけてでも、体質改善の方向で治療したいと考えます。

 

よろしくお願い致します。

 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
質問を重ねますが、何という名前のお薬ですか。
今も飲んでおられのか、それとも症状の出ている時だけですか?
すみません、何度も。
変なことをお伺いしますが運動されて咳き込むことは?
質問者: 返答済み 4 年 前.

何度もありがとうございます。


 


言葉たらずで失礼しました。


 


薬は現在のんでいません。


花粉症の薬の名前は忘れましたが、もう5年以上のんでいません。


 


今回のじんましんに関して、通院はまだしていません。


 


運動をしていて咳き込むことは、特に感じていません。


 


ただ、それで思い出したのは、


今年の3月末にひどいインフルエンザにかかり、


熱は3日で下がったものの、


2日目からは咳がたいへんひどく出て、


熱が下がった後も、気管支炎でしばらく苦しみました。


体力回復にも時間がかかり、微熱も続いて、


完治まで1か月以上かかりました。


薬は、当初の「タミフル」と、


あまりに長く咳が出たので、1日ほど市販の「エフストリン」(異様に効いたのでこわくなって1日でやめました)、


その後、いつもの内科で抗生物質「フロモックス」を5月に飲みました。


6月にもフロモックスは飲んでいます。


 


花粉症は改善されていると申しましたが、


鼻炎は慢性で、少々あると思います。


 


普段、風邪をひきやすく、


ひいたかな、と感じたら、市販の「改源」を飲んでいます。


1か月~2か月に1度は飲みます。


ノドがはれることが多く、咽頭炎や扁桃腺になりやすいです。


 


また、


4年くらいまえ、婦人科系で検査をして、抗生物質が効かないと言われたことがあります。


M・・・なんとかというアルファベット4文字の名前をいわれましたが、忘れました。。


けれど、


しばらくして再検査したところ、それはもう大丈夫といわれました。


 


前述のとおり、風邪をひきやすかったので、


ここ10年、抗生物質もよく飲んでいました。


ここ5年くらいは、


3日飲めば1週間効くという「フロモックス」を、医院でいただくことが多かったです。


 


あれこれ思い出すままに記しました。


 


12歳、16歳、20歳のときに、それぞれ、輸入牛肉を食べて、


寝込むほど目のまわりが腫れたことがあります。


当時は原因不明でしたが、肉の抗生剤が原因だったのでは、と、


医師から言われたことがあります。


 


何度も恐れ入ります。


よろしくお願い致します。


 


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
今勤務中で少しお時間下さい。
急患が入りました。
必ずお返事しますよ。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お待たせしました。

少し落ち着きましたので、私の考えをまとめます。

家族歴にアトピーや喘息があること、あなた自身も猫にアレルギーだったり花粉症があったり、そしてカゼをひくと長引く?=咳が続く?ということから考えましてやはりこれらと、経験されているじんましんはかなり関係が深いと思います。

もしかすると、少し喘息の気もあるのかもしれませんよ、咳が長く続くなら。
咳喘息というやつです。
きっと咳がで始めたらサルブタモールなどの吸入が役に立つかもしれません。

話が横 にそれたような感じですが、実はアレルギー、アトピー、じんましん、喘息は大きく関わっているんです。ですから情報リクエストで伺ったわけですね。

あなたは結論から言いますと、アレルギー科のケアが必要だと思います。
そして抗ヒスタミン剤は、夜寝るまえに一日に一回服用するタイプのものを毎晩服用しましょう。
これで、温まった時のヒスタミンの放出が最小に抑えられますのでじんましんははコントロールしやすいです。
お勧めは、ザイザルか、ジルテックという名前のお薬で24時間有効です。
もし、それを服用されていても、じんましんが出ましたら、頓服で飲めるタイプのアタラックスなどを処方してもらっておいてください。
それを必要に応じて服用すればいいです。
それか、冷たいタオルなどで冷やすと痒みはおさまりやすいです。
通常誰でもですが、体が温まると痒みが出ます。
冷やすとおさまりますよ。

さて今回はなかなか収まらないようですので、抗ヒスタミン剤の他にステロイドの内服が三日ほど必要になると思います。
しかし、これだけは処方箋が要りますので、早くアレルギー科を受診しましょう。
もし湿疹が細かくてじんましん様でないなら、ステロイド外用薬が処方されるかもしれません。
その辺りは視診ができませんのでどちらかだと思いますよ。

そうそう、皮膚の乾燥度が進んでいますと皮膚のトラブルが起こりやすいです。
普段から、もしあなたの肌が乾燥肌であれば、尿素入りの保湿クリームを一日に何回か塗って乾燥を防ぎましょう。メトセラATPクリームもオススメです。
オンラインで購入できますよ。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能をお使いの上質問して下さいね。
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験: 救急医、准教授
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧な診断をいただいて、ありがとうございます。


 


今までは、症状がすぐおさまるので、病院に行くのをためらっていましたが、


皮膚科アレルギー科に行ってまいります。


 


何度もご親切に有難うございました。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。
皮膚科の問題は得意です。
またいつでもお気軽にご相談下さいね。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • docmmart

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    皮膚科系の患者を診察しています。

    満足した利用者:

    745
    救急医、准教授
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/24/246764/2012-11-7_83239_DSC00371.64x64.JPG 平田 亮 さんのアバター

    平田 亮

    美容外科医

    満足した利用者:

    3
    東海大学医学部卒業。複数の美容外科・皮膚科クリニックを経て美容医療コンサルタント会社「office grant」設立。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr_morino さんのアバター

    Dr_morino

    皮膚科

    満足した利用者:

    109
    開業医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2773
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    295
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

皮膚科 についての関連する質問