JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

独身63歳の弟のことです。20年前に発症しその後、間隔があいて数回同じ症状の「蜂窩識炎」で外科に1週間から10日間入院し、抗生物質等の対処療法で治療していました。原因は、水虫からく

質問者の質問

独身63歳の弟のことです。20年前に発症しその後、間隔があいて数回同じ症状の「蜂窩識炎」で外科に1週間から10日間入院し、抗生物質等の対処療法で治療していました。原因は、水虫からくるものと言われています。
2012年に入り、3月末、6月初旬、そして7月16日と煩雑に発症し、かかりつけの外科病院に入院しました。担当医は、水虫を完治させない限り繰り返される状況だといわれました。同じ病院の皮膚科に、以前から通院し水虫の治療はしていました。6月の入院以降、水虫の治療には神経を使い、皮膚科では完治したようだといわれていました。でも、7月にまた、入院する状態になりました。今回も抗生物質等の対処療法でした。
「蜂窩識炎」という症状は、病院の何科が専門分野なのでしょうか、また、どこの病院に見ていただいたらいいのでしょうか。
あまり、煩雑に発症するので本人もとても悩んでいます。
よろしくご指導をお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

もう少し情報をいただきたいのですが、何か持病はお持ちですか。
例えば糖尿病とか、心臓病とかですね。
そして患部は水虫のお話が出ていますから足だと思うのですが、間違いはありませんか。
患部は腫れていますか。
足はしょっちゅう腫れた状態でしょうか、普段も。
体重はいかがでしょう。オーバーですか。
現在の患部の状態はどのような感じですか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

糖尿病等の持病といわれるものは、今までありません。ただ、体重は内科から落とすようにとは再三言われていますが、いまだにだいぶオーバーしています。右下肢です。16日に入院し、23日退院、まだ、むくみは少しあるようです。


退院の際、皮膚科に罹るように言われ、25日に通院、医師は、患部を細菌検査をし、投薬と消毒用の薬を処方して、1か月後にまた通院するようにと言われました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
なるほど。
ほぼ私が想像しているようなお答えでした。
ゆっくりお答えを書かせていただきたいのですが今勤務中です。
夕方になりますがご了承くださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
よろしくお願いします。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
水虫が原因ということですが、水虫ができるたびに皮膚に傷ができ、そこから細菌が入って蜂窩識炎に発達しているとしたら、水虫は間接的に原因になっていると言えますね。
ただし、蜂窩識炎の原因はバクテリアで、水虫に原因は真菌です。
その違いはよろしいでしょうか。

さて、どうして水虫ができやすいのか、どうして足に蜂窩識炎ができやすいのか考えてみましょう。
足はむくみがあって腫れている状態が続いているのだと思います。
おそらくずいぶんむかしから。。。
そして体重オーバーが輪をかけていて、静脈のうったいが起きています。
静脈のうったいの原因はいろいろありますが足の静脈には弁があるのですがそれがうまく機能していなかったり、静脈に血栓ができていて流れがつまっている場合などなど。
立ち仕事が多いとどうしても足が腫れますし、腫れがあって静脈がうまく心臓側に流れていませんとそのあたりの皮膚が皮膚炎を起こし、それが時として潰瘍になったり蜂窩識炎になるんですね。

一度、足の血管の状態をドップラーエコー検査という超音波でしっかり見てもらったらいいと思います。これをしてくれるのは血管外科です。
そして静脈のうったいの治療法は医療用の圧迫ストッキングをはくことなんです。
これはオンラインでも購入できますが、朝寝床から出る前にはもうつけてそして朝の活動に入るという感じですね。

http://merckmanual.jp/mmpej/sec10/ch114/ch114i.html

http://merckmanual.jp/mmpej/sec07/ch081/ch081c.html

蜂窩識炎の治療自体は皮膚科で十分ですが原因を探るにはもう少し一歩進めて上記に書いたようなことを探るために血管外科などで診てもらう必要が出てきます。

体重オーバーはやはり関係があります。
なんとしても体重は落とさないとこの状態はやはり再発しやすいです。

わかりやすく書いたつもりなんですが、もしご質問がございましたら評価をされないで返信機能を使われて質問を書き込まれて下さいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

私が望んでいた回答をいただき感激です。先日罹った皮膚科の先生が、水虫だけでなく「ふくらはぎ」の中に原因があるのではといわれました。「血管外科」という部門について初めて知りました。大学病院の「血管外科」と、「血管外科」専門医院がありますが、どちらに行ったらいいのでしょうか、また、先生がお勧めくださるところがわかれば、とてもうれしいのですが。


よろしくご配慮をお願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
大学病院なら他にも問題が見つかった時にその他の科があるのでその方がいいのではないでしょうか。

http://cvs.umin.jp/spcl_list/

このURLをコピーされて検索されてみて下さいね。
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

とても参考になるご指示をいただくことができて、うれしいです。


交通の便のいい「埼玉医大総合医療センター」に一度行ってみようと思います。


有難うございました。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。

お大事になって下さいね。

皮膚科 についての関連する質問