JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今朝、自転車で転倒し、顔の右頬と顎をうちました。皮膚科を受診したところ、消毒しアクアチム軟膏を処方されました。

解決済みの質問:

今朝、自転車で転倒し、顔の右頬と顎をうちました。 皮膚科を受診したところ、消毒しアクアチム軟膏を処方されました。 受診後、出勤し18時ころ帰宅。 20時を過ぎたころから、激しく痛みだしました。 冷やしていれば、痛みもがまんできる程度だったものが 冷やしても痛くてたまりません。 どうしたらよいでしょうか。
顔のうった場所は、見た目は 擦り傷程度。打って多少膨らんではいますが、出血はありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

アクアチムは抗菌剤で、副作用として刺激性の報告はあり ますが、ご記載ほど強い痛みが出ることは考えにくいと思われます。

顔面打撲に対して皮膚科を受診されて、皮膚に対する処置を受けられたわけですが、レントゲン検査等、骨の異常を確認されるような検査は受けられていないのではないかと推測致します。

現在耐え難い痛みがあるのであれば、救急で整形外科を受診されることをお勧め致します。
骨の問題があればもちろん対処してもらえますし、仮に皮膚科的な問題だとしても対処してもらえます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
痛くてたまりません、とのことでしたので救急受診をお勧めしましたが、「質問者の評価:より詳しい回答を期待した」というご評価を頂戴いたしましたので、まだ余裕はおありなのだと理解し、少し詳しくお訊きさせていただくことにさせていただきます。

①そもそも顔面を打撲されたのに、整形外科や外科ではな く皮膚科を受診されたのはどうしてだったのでしょうか?

②現在痛むのは頬と顎の両方でしょうか?

③感触としては皮膚表面が痛いのでしょうか。どのような痛みですか?

④頭の、全く痛くない部分を叩いてみてください。受傷部位に響くでしょうか。

⑤病院に行かずに、ご自宅で出来る対処をお尋ねなのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

お陰様で痛みが引いてきました。


①そもそも顔面を打撲されたのに、整形外科や外科ではな く皮膚科を受診されたのはどうしてだったのでしょうか?


⇒朝、転倒したばかりの時は、傷の方が目につき、とっさに皮膚科へ連絡したところ、その病院の看護婦さんが事情説明を聞いて、「当院で受けられます」とのことでしたので、とりあえず、皮膚科のある医院へ行きました。

ですが、夜間救急の看護婦さんも、顔の打撲は整形外科は受けないと言われ、やはり皮膚科ではないか、と言っていました。


結局、どの科を受診すべきなのでしょうか。


②現在痛むのは頬と顎の両方でしょうか?


⇒痛むのは、右側の頬と顎の両方です。

擦り傷が両方にあり、少しふくらんでいます。


③感触としては皮膚表面が痛いのでしょうか。どのような痛みですか?


⇒皮膚表面が傷みます。右頬から顎にかけて、熱をもっていてヒリヒリする感じです。


④頭の、全く痛くない部分を叩いてみてください。受傷部位に響くでしょうか。


⇒受傷部位に響きます。


⑤病院に行かずに、ご自宅で出来る対処をお尋ねなのでしょうか。


⇒夜間救急の対応では、診察しないと何とも言えないが、おそらく痛みどめの処方くらいしかないのではないか、ということ、また我慢できないほどの痛みも引いたため、今夜は病院へは行かずに冷やして様子を見たいと思っています。


ただ、明日、どういった病院?もしくは診療科?へ行くべきなのでしょうか。


また顔のため、後々シミになるのではないか、ということも気になります。

マスクをする以外に何かできること、もしくは病院でお願いすると良いことはありますでしょうか。


できましたら、回答をお願いいたします。


専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
夜間救急の対応は応急処置ですので、痛み止めを中心とした対症療法が行われるでしょう。
これは救急の人員や体制を考えれば致し方ありません。

今夜をしのげそうなら、明日はまず整形外科を受診されるべきでしょう。
骨折さえなければ、皮膚科を もう一度受診されるべきです。
薬が合わず、化膿している可能性がありますから、恐らく抗生物質の内服か塗用が行われると思われます。

傷をシミにしないためには、紫外線をカットしてメラニン色素の生成を防ぐことに尽きます。日傘の使用や、皮膚が再生した後は、しばらくは日焼け止めを普段から使用されるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問