JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

子供が火曜日10日に全身にじんましんがでました。すぐ皮膚科にいったのですが原因が分からず、かゆみどめのジルテックDS

解決済みの質問:

子供が火曜日10日に全身にじんましんがでました。すぐ皮膚科にいった のですが原因が分からず、かゆみどめのジルテックDSを処方され夜飲みました。水曜日11日の朝、もっとひどくなってしまい、小児科を受診しました。
ステロイドの注射とステロイドの入った飲み薬、セレスタミンを処方されました。注射を打った日は夕方にじんましんがひきました。12日の晩、かゆいといっておきたらまた全身にじんましんがでていました。13日の朝、病院を受診、ステロイドの注射とセレスタミン+寝る前の薬アレジオンDSを処方されました。注射を打った夕方にはじんましんが治まってたのですが、14日夕方になると、また全身に広がり、15日きょうはすごくかゆいと言ってます。10歳の男の子です。少し学校で精神的ストレスがありました。11日から学校を休んでいます。どのように病院で治療をしてまらったらいいのかいい方法を教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
私は小児科の専門医の資格も持ち合わせています。

よくじんましんの治療を行っています。

お伺いしたい事が少しあります。
もともとアトピー、アレルギー、そして喘息をお持ちですか。

また10日前後にカゼや胃腸系の調子が悪いなどの問題はありましたか。
今もセレスタミンとジルテック、そしてステロイドの飲み薬を服用されていますか。
それぞれの用量を教えて下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

小児ぜんそく、マイタケ、ヨモギ、卵白のアレルギーがあります。みぞおちのあたりが昨日までむかむかしてきょうはないです。セレスタミン1.5錠を1回1/2錠朝・昼・夕3回、アレジオンDS1%1.3グラムを寝る前に1回、漢方ツムラ抑肝散エキスと消風散エキスを朝・夕2回飲んでいます。ジルテックは13日からはのんでいません。


 

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうしますと、ステロイドに関しては飲み薬は出ていなくてセレスタミンに含まれているステロイ ドのみを服用されている感じでしょうか。
別にステロイドの飲み薬が出ているのであれば教えてください。
おそらくそれが鍵を握ると思います。

さて、今から小一時間ほど移動します。
ゆっくりお答えを書かせていただきたいのでお待ちいただけると嬉しいです。
今どうしても痒くて仕方がないならセレスタミンを一錠余分に飲ませるかジルテックを飲ませてあげてお返事をお待ちください。
ジルテックの方が眠くならなくていいかも。

それでは後ほど。
質問者: 返答済み 5 年 前.

解りました。食事後なので、セレスタミンとジルテック飲んで様子をみます。


後、病院で打った注射は、静脈注射で強力ネオミノファーゲンシ静注20mL 1A・


デカトロン注射液3.3mg 1mL 1Aです。別の飲み薬は出ていません。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

小一時間経ちましたが、いかがでしょう。出されたお薬から逆算してみたのですが、体重は30kg弱ですか。

そうしますとデカドロン注射は最低でも10mg、0.6をkgにかけた分だけあげてもよかったくらいでした。
分量が少ないですね。
なぜステロイドにこだわるか、理由を書きます。
じんましんはアレルギー反応の一種です。
なんらかの形でアレルゲンがアレルギー反応を起こす結果体の中でヒスタミンというものが放出されます。
そしてアレルギーには二段階あるという事をわかっていただきたいと思います。
早期の段階でアレルギー反応が起こりますと先ほど申し上げましたようにヒスタミンが放出されますね。
それは、抗ヒスタミン剤=アレルギー薬でなんとかなります。
ところが、アレルギーにはその後次の段階、遅延性の部分が待っていてそれを防がないともとのもくあみで、じんましんが帰ってきてしまいます。
その遅延性の部分を予防するために十 分な量のステロイドが必要になるということになります。

ですから今の段階でステロイド、それも中途半端な量での治療法を続ける限りはこの悪循環はおさまらないです。

私なら今すぐもう一度10mg-16mgの量のデカドロンをあげると思いますし、そのあとも最低三日間、kgあたり2mgのプレドニンを処方します。
プレドニンはステロイドの経口薬です。

さて、受診されるなら、アレルギー科でしょうね。
小児喘息とアレルギーは切っても切ってもきれない関係にありますので私が最初に伺った理由は今お分かりでしょう。
ストレスは関係ないとは言い切れませんが、ちょっとしたウィルス性の疾患もアレルギー反応のきっかけになります。
少し胃がむかむかしていたようですが、それも何か関係があったかもしれませんね。

それでは次の受診までジルテックを復活させて下さい。
それでもじんましんが出たらセレスタミンの量を一錠にされて下さい。
そしてじんましんが出た時に呼吸困難を起こさない限りは病院があくまで待てると思います。
でもご質問のお答えはアレルギー専門医ですね。
そして十分な量のステロイドが必須です。ただし、短期間でですが。

ご質問がございましたら書き込まれて下さいね。
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問