JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一ヶ月前ほど急に顔にほくろのようなひとつ黒点ができました。今はふたつほどあります。(痛みも痒みもありません)いったい

解決済みの質問:

一ヶ月前ほど急に顔にほくろのようなひとつ黒点ができました。今はふたつほどあります。(痛みも痒みもありません)いったい何でしょうか?
二年程前から発疹や蕁麻疹の症状が出て今はタリオンというお薬を飲んで完全ではないですがおさまっている状態です。
(三年半前に胃がんの手術をいたしましたが現在は薬も飲んでおらず普通に生活しています)
お教えください。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報を下さい。

その黒点の見た目は、ほくろと言われれば納得してしまうような色ですか?

その黒点の直径はどれくらいでしょうか。真円形ですか?

その黒点の辺縁は、くっきりと周囲と区切れていますか? それとも滲み出すように周囲に溶け出しているようでしょうか。

黒点の表面は滑らかですか? それとも凹凸があるでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※回答は遅い時間になるかもしれません。ご了承いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

こんばんは。早速ご返事ありがとうございます。


見た目はほくろと同じような色で直径は一ミリほどです。


形は一月ほど前からのほうは真円形ではっきりしており触ると少し凸です。


最近できたほうは少しぼやけていて表面は滑らかです。


回答は急いではおりませんのでよろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山です。
大変お待たせしました。

まず、ご心配されているかもしれない胃がんの皮膚転移ですが、黒点の性状から考えますにこの可能性はまずありません。
胃がんの皮膚転移の頻度は全胃癌中2%であり、さらに原発巣摘出後の皮膚転移は非常に稀です。さらに、転移性の皮膚の胃がんは皮下結節型といって、皮下に塊があって、盛り上がったような形をとりますので、相談者様のようなほくろ状の黒点は呈しません。

ほくろ状の黒点が、単なるほくろであるが、ほくろとの区別が付けがたい、悪性黒色腫(メラノーマ)なのかの区別を、次に行う必要があります。

悪性黒色腫の特徴としては、一般的にABCD基準と呼ばれるものがあります。
左右非対称(Asymmetry)、辺縁不整(Border irregularity)、色むらがある(Color variegation)、径の増大(Diameter enlargement)の頭文字をとったものです。

1つ目の黒点は、このABCD基準を満たしていないであろうと思われます。
2つめの黒点も、ぼやけているのは出来かけだからであって、あまり悪性らしさは感じません。

結論としては、2つの黒点は後天性のほくろである可能性が高いと考えます。

【ほくろが増える原因は?】
http://www.kenkouotaku.net/archives/347

経過を観察されていて問題はないと思いますが、ご心配であれば皮膚科を受診されることをお勧めいたします。ダーモスコピーという大き目の虫眼鏡のような機器を用いて、皮膚科医に悪性・良性を鑑別してもらうことができます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問