JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

子供が6年くらい前より尋常性白班になっています。 難病なので治らないと本人は言っていますが本当に治らない病気なので

解決済みの質問:

子供が6年くらい前より尋常性白班になっています。
難病なので治らないと本人は言っていますが本当に治らない病気なのでしょうか?
独身男性の一人暮らしで偏った食事とストレスによる免疫力低下の為とも考えられると思うのですが
なにか治療法があればと質問させていただきました。 ちなみに大きさは腹部に子供のこぶし大くらいの白班ができています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

 

尋常性白班が根治療法のない疾患であるという点でご子息の理解は間違っていません。

この病気が「独身男性の一人暮らしで偏った食事とストレスによる免疫力低下の為」におこるという事実は知られていません

 

【社団法人日本皮膚科学会 皮膚科Q&A 】

http://www.dermatol.or.jp/qa/qa20/q05.html

http://www.dermatol.or.jp/qa/qa20/q02.html

 

対症療法としては副腎皮質ステロイドと光線治療の有効性が確立していますから、ステロイドにご抵抗がおありなら光線治療(紫外線治療)を受けられるのがよろしいかと存じます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
やはり治すのは難しい病気のようですが 光線治療をうけた場合
白班が目立たなくなる程度まで治療可能なのでしょうか?
またこのまま治療をしなかった場合拡大して行きますか?
漢方等で気長に治すという病気ではないのですよね?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

治り方には個人差がありますが、目立たなくはなると思います。
http://t0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRKSNuxxboDraQ0hBl4EKBFwgGmmYlPA74qrQXH5PUIgDcvXurt

原因不明の疾患ですので予後は予測しづらいのですが、ほとんどの場合で範囲は拡大していきます。
漢方治療で時間をかけて治す疾患ではありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
お忙しい中ご回答ありがとうございました。
光線治療の事で一つ不安な事があります。
白班はメラニン色素が抜けている状態だと思うのですがそこに紫外線を当てても皮膚の内部に支障はないものなのでしょうか?
また 皮膚の移植手術という方法もあるのではないかと思いますが 結構白班が大きくなっていますが可能なものでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
紫外線に関しては厚生労働省に認可された機器を用いますので、安全性は保証されています。
そもそも紫外線は組織内部まで届きません。

自家皮膚移植は病変部gが比較的大きい場合でも行うことがか可能です。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問