JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は 昭和3年12月生まれの83才の男性です。  5月10日頃から軀のあちこちが かゆくなり ダニではないかと思い

解決済みの質問:

私は 昭和3年12月生まれの83才の男性です。
 5月10日頃から軀のあちこちが かゆくなり ダニではないかと思い バルサンなどを炊きましたが、18日になって 軀の手 足 お尻に 大きな赤く 手のひら大の発疹が出ましたので 市民病院の皮膚科に行きました
すぐ じんましんと診断され かゆみ止めと アレグラ60 を  朝 晩 1錠づつ  服用、2週間しても 治らず
発疹は 朝起きると同時に 発生するので その旨 医師につげたところ 夜  寝る前に一錠 朝 目が覚めたら 2錠 飲みなさいと言われ その通りにしましたところ 10日くらいで 大分治ってきて喜んでそのまま 服用を続けました。 しかし 完全には 治癒せず 6月20日頃 又 発疹がぶりかえしました。こんどは 唇が大きく 腫れてきたり 手のひら が むくんだように 腫れてきたり 其れが 2.3日つづいたりします。
また 歩くときの足の運びが ぎこちないように感じています。 立っていると 体重がもろに 踵にかかつて足が重いです。  このじんましんは 長く続いたとき 軀の他の部分に対する影響はどんなものでしょうか。
 じんましんは 必ず 治癒するものですか。薬を 更に強い物とかに変えるとか、 医師に相談をするつもりですが、 生命に影響が有るのかどうか知りたくて ここに御願いするものです。宜敷御願いいたします。
            私の メールアドレスは
                     rmiura@sea.zaq.jp
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

相談者様が呈されている手や唇の腫れは、蕁麻疹より一段重症な病態で、血管浮腫と呼ばれるものです。

【蕁麻疹〔じんましん〕、 血管性浮腫】
http://mh.rgr.jp/memo/mi0562.htm

組織の深い所で蕁麻疹が起きているようなもので、口や目の周り、手の甲などが好発部位です。
時にこれが気管に生じ、呼吸困難をきたすことがありますから、その場合はためらわずに病院を救急受診されるべきでしょう。この場合は生命にかかわるからです。

血管浮腫は、蕁麻疹が長く続いたことによる全身への影響というよりは、蕁麻疹の悪化と考えられた方がわかりやすいでしょう。

医学の世界に「必ず」はありませんが、蕁麻疹は治癒する病気です。
ただし現在の相談者様はあるいは強いお薬の使用が一時的に必要な状態であると思われます。

週末でもありますし、本日(金曜日)中に、必ず病院を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問