JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1月ごろから小さな湿疹が出来始め、3月には全身に痒い湿疹が広がりました。近所の皮膚科で塗薬(マイザー軟膏・サトウザル

解決済みの質問:

1月ごろから小さな湿疹が出来始め、3月には全身に痒い湿疹が広がりました。近所の皮膚科で塗薬(マイザー軟膏・サトウザルベ)を塗っています。さらに紫外線による光線治療もおこなっています。5月中旬痒みもなくなり、治ったように見えたので、皮膚科先生も「できるだけ日光浴をしなさい」とのことでいったん通院をやめました。ところが2週間後再び湿疹が出来 始め、塗り薬を塗っても痒いばかりか、湿疹が全身に広がっています。痒くて眠れず、搔くなと言っても無意識のうちに掻いており、ところどころ出血もあります。精神的にもかなり参っており、藁おもつかむ気持ちで相談します。飲み薬等は処方されておりません。
持病としてはアレルギー鼻炎(花粉症)があります。
ぜひアドバイスをお願いします。助けてください・。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

皮膚科で受けられた診断を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

病名はと聞いたところ「痒疹病」と言われました。

原因は不明だが、ストレスが原因ではないか?

ストレスの原因として思い当たるのは、1月末に母が倒れ、その後家内と二人で自宅介護がストレスかも知れませんが、あまり気にはしていません。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

恐らく診断は慢性痒疹なのであろうと思われます。
激しいかゆみを伴う5mm~2cmくらいの硬い隆起がたくさん出現する疾患で、これが数か月以上に渡って出没を繰り返すものを慢性痒疹と言います。

難治性で、抗ヒスタミン薬やステロイド、光療法などを組み合わせて治療を行う必要があります。

慢性痒疹というのは、病名のとおり慢性に経過する疾患であるため、治療も継続的に行う必要があります。
ご近所の皮膚科で受けられた治療は理にかなったものであるように思われますので、このまま同院への通院を継続されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

呑み薬等は処方できないものでしょうか?

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
いえ、できますよ。
抗ヒスタミン薬を飲み薬で、ステロイドを塗り薬で使用することが多いです。
「かゆみ止めの飲み薬」をリクエストしたら、そのようにしてもらえると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

かゆみ止めの飲み薬を出してもらうよう医師に伝えます。

現在のぬり薬(マイザー軟膏・サトウザルベ)はステロイドは入っていますか。

それと、以前ステロイドで一番強いと言われているぬり薬を処方されましたが、今現在特に湿疹がひどいので、その薬を出してもらった方がいいのか。

現在のぬり薬でいいのか、最後の質問にしますので、ご指導ください。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
マイザー軟膏がステロイドで、ステロイドのランクとしては2番目に強いカテゴリーに属します。
http://www.sutv.zaq.ne.jp/go-go-wagamiti/tuyosa.html

サトウザルベは亜鉛の軟膏で、主に保湿を目的としたものです。

慢性痒疹ではしばしば「もっとも強力」なステロイドが使われることがあります。ただご存じのようにステロイドは両刃の剣で、長期連用による副作用も強いですから、医師の判断を優先されるべきでしょう。
相談者様の皮膚を視診できていないので確定的なことは申し上げられませんが、マイザー軟膏は十分強力であると思います。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問