JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

脳血管障害後遺症で施設入所中です。 両下腿の浮腫に対しては、弾性ストッキング着用で数年経過していましたが、2~3か

質問者の質問

脳血管障害後遺症で施設入所中です。
両下腿の浮腫に対しては、弾性ストッキング着用で数年経過していましたが、2~3 か月前から、片方に赤黒く変色して浮腫が強くなり、奨液が多量出るようになりました。
4週間に1度の割合で循環器内科に通院していますが、高齢だから仕方ない。治りにくいものだからどうしようもない。としか言われません。認知症もあり、不具合を自分から言うことは余りありませんが、最近は時に、痛いと言うこともあります。施設に皮膚科医に往診をお願いしたら、リバソルベースを処方されました。
経過を見ていますが、昨日からはてかりも強く、パンパンに腫れ上がり足背の赤黒さと腫脹が強度となり、このまま、仕方ないで済ませられない状態です。ほんとに、何もできないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

お父様、たいへんですね。
患っておられるのはうったい性皮膚炎ですよね。
違いますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

内科医も皮膚科医も病名は、言われません。

症状が蜂窩織炎じゃないかな?と私(娘)が思っているだけで、昨年4月からの主治医は、難しいからなかなか治らないし、高齢だからひどくなりますよ!としか言われません。

毎月、採血はされますが前医で処方されていたワーファリン1.25錠を昨年4月からプラザキサカプセルに変更されたので、それにしか目が行きません。

4~5か月前から腎機能が少しですが悪化しています。ワーファリンに戻していただけないか数回お願いしましたが、腎不全になったら、それもありだな!と言われ、何とかしないとと思っています。昨年までの主治医には何でも相談できたのですが、息子さんに譲られたので現在は診療には出ておられません。前月よりアルブミンが少しずつ低下して、現在7.2です。

尚、私は、看護師ですが今の主治医には話してません。(これで、対応がかわるはずはないでしょうけど)

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

まず、アルブミンですが7.2でなくて2.7でしょうか?
7.2なら高いですよね。
アルブミンが低いと言うことは体に浮腫がおきやすくなりますね。

さて、話を元に戻しますがアルブミン低下による浮腫とうったい性皮膚炎ではないかと思うのですが。。。

あなたが蜂巣炎ではないかとおっしゃるくらいですからね。
きっと感染症も起こしていると思いますよ。
抗生物質が出番だと思います。


まず、このタイプの皮膚炎は、下肢に起こりますが通常中年から 高齢者に多いようです。

つまり、下肢の血流やリンパの流れがうったいした状態であるとこの皮膚炎が起こります。
心不全を起こしているときや、血流やリンパの流れが悪い時におもに起こるわけですが、まずは循環器科にかかられているのならいったいどういった原因でうったいがおこっているのかを確める必要があります。
胸部のレントゲンや心臓に関する一般的な血液検査や、心臓のエコーも必要かもしれませんがもうおすみかとは思います。下肢の血管やリンパの流れをドップラーという特別な超音波で調べてどこに問題があるのかも調べます。
まずそれが第一歩ですね。

そしてその原因を治療することに加えてできてしまった皮膚炎の治療は通常強いステロイドを使います。
ステロイドには弱いものから強いものまでありますがそのうちの一番強いものを短期で使って湿疹を治療
します。ここでとても大切なのは短期で勝負することで、決してダラダラ使いません。
出来ればほんの数日のみです。
また皮膚炎に細菌による感染症が起きているようでしたら抗生物質でたたきます。
おそらく指摘しましたように今の状態では感染症を起こしているようですので特に必要ですね。

また、うったいを予防するそして治療する意味で圧迫するタイプのストッキングをはきます。
これはもうずっと試しておられるようですが。
そしてお休みの際は必ず足をあげた位置でお休み下さい。

このタイプの皮膚炎は放っておくと感染症がひどくなって潰瘍になって大変なことになりますので主治医にご相談の上しっかり治療しましょう。

創傷センターなんていう機関も使えないでしょうか。

http://www.woundhealing-center.jp/kikan/index.html
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうそう、腎臓の機能が心配ですね。

あと栄養管理をしっかりしてあげて下さいね。
アルブミンも低いようですし。

皮膚科 についての関連する質問