JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

襟足に湿疹が一か月ほど前から少しずつ赤く痒みが生じ皮膚科でザイザル錠5mg アテンベート軟膏0.05パーセント処方

質問者の質問

襟足に湿疹が一か月ほど前から少しずつ赤く痒みが生じ皮膚科でザイザル錠5mg
アテンベート軟膏0.05パーセント処方されてます 一週間位で改善との医師のお話でしたが
一向に快方に向かっているとは思えませんので質問させて頂く事にしました真菌はーでした
瞼が黒ずんできました 3日前から関係あるのでしょうか
よろしくお願い致します 77歳の女性です
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
襟足の湿疹はますます広がっているのでしょうか。
どれくらいの範囲で、どのような形の湿疹か教えてください。
痒みはひどいですか。
湿疹がジュクジュクしているようなところはありますか。

真菌は陰性だったようですが、顕微鏡でみてもらったんですね。

何か持病、特に喘息やアレルギー、そして糖尿病はお持ちでしょうか。

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
花粉の季節になると目とふちがかゆくなり目薬を使用
糖尿病はありません
湿疹は赤く1ミリ位5ミリ位のが2つ位 アンテベート軟膏を塗ると痒みがおさまります
じゅくじゅくはしてません 髪の生え際からタートルセ゜ターを着たときの後ろだけの範囲です
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。

としますと、湿疹がある部分は、襟がいつも接触しているのでしょうか。
と言うますのは、接触性皮膚炎というのがありますので。

アンテベートで痒みはおさまるが、湿疹はおさまらないということですよね。

何しろ視診ができないので情報はあればあるほど助かるのでよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
後ろ襟あしのみ と言う接触性皮膚炎もありますか?
としたら処方も違ってきますか
2週間前から首に触れないものを着ていますが
飲み塗り共薬を変えた方がよいのでしょうか
皮膚科医に話してみますので教えてくださいませ
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
少しお待ち下さいね。
今、仕事中です。
必ずお返事いたしますので。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
私の印象では、接触性の皮膚炎であると思います。
アンテベートはとても優れたステロイド薬ですので変更なしでいいと思います。
炎症がひどい時にはアンテベートで、そして予防としてエリデルとううお薬がいいかと思います。
エリデルはステロイドと違って副作用がないので長期に使うこ とができます。
皮膚科でご相談下さいね。
そして襟のないお洋服を着用しましょうね。

そして、お風呂上がりと乾燥した時にとてもいい保湿用のクリームをご紹介します。
アメリカの皮膚科専門医がよく使っている保湿クリームで、保湿度がとても高いので肌が潤います。
それは、ユーセリン保湿クリームで、アマゾンで購入できます。
ぜひ検索されて試されて下さいね。

次の投稿で皮膚科専門医のリストを掲げます。
URLをコピーして検索されて下さい。

ザイザルは、このままお続け下さいね。これもとてもいいお薬です。
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/index.html
質問者: 返答済み 5 年 前.
上瞼の黒ずみは3日まえから何なのか襟足の湿疹と関係ありますでしょうか
対処方法を教えて下さいませ
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
そうですね。
関係あると言えばあるかもしれませんよ。

この痒みのある湿疹のせいで体にストレスを感じられているのですから。
お顔にストレスは出やすいですよね。
お疲れなのかも。

間違ってもアンテベートはその辺りには塗らないで下さい。
アンテベートはとても強いステロイドで、目に入ると緑内障を起こしたりしかねませんので気をつけられて下さい。
ユーセリンが手に入りましたら、それを塗られて様子をみましょう。

皮膚科 についての関連する質問