JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

今年1月頃から左頬に吹き出物ができて、最初はあまり真剣に考えずアルメタを塗り、3週間ぐらいしてようやく治ったのですが

解決済みの質問:

今年1月頃から左頬に吹き出物ができて、最初はあまり真剣に考えずアルメタを塗り、3週間ぐらいしてようやく治ったのですが、今度は右頬に数が増えてできて、それから顔全体のあちこちにできるようになってしまい、慌てて近所の皮膚科に診察してもらうと「酒さ」だと診断され、ビタミン剤とロコイドクリームを処方されましたが、全く治る気配がありません。毎日鏡を見るたびに落ち込み鬱病になりそうです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

ほんとうに酒さということでしたら、ニキビのように治療しなければ治りませんよ。
広がってきているのであればなおさらのことです。

私ならテトラサイクリン系の抗生物質、例えばミノサイクリンを内服処方すると思います。
もし、それでよくならなけらばまだ打つ手はあって

http://kyarando.com/yobo/akyutyen.html


このようなお薬もありますし、炎症が強いのであればステロイドの軟膏ではなくステロイドの短期の内服も効果的です。
今の状態ではステロイドの軟膏のみの治療で効果が出ていないようですので、治療法を変える必要がありますね。

http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map/index.html


ここから皮膚科専門医を探せます。
セカンドオピニオンが必要でしょう。
うつになるのはまだ早そうですよ!
docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問