JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

19歳の息子の事で相談いたします。 昨年の5月位に そけい部にじくじくした湿疹が見られ、みるみる広がって小判状に

解決済みの質問:

19歳の息子の事で相談いたします。
昨年の5月位に そけい部にじくじくした湿疹が見られ、みるみる広がって小判状に
なりました。その時点で自宅近くにの皮膚科に行き処方 していただいた塗り薬を1週間単位で
あれこれ試しているうちに身体じゅうに湿疹が広がりました。

乳児の頃 食物アレルギー(アトピー性湿疹)で母乳をあげながら私が食事制限をしきれいに完治したことがあったので 同じアレルギーの病院を訪れました。
湿疹の出方はアトピーではない?と思いつつも食事を食べたり抜いたりしてみると
やはり5大アレルゲンが影響していることがわかり、玄米食を始めすべて抜いて食事を摂ってみました。
 漢方も紹介されて通院していますが、漢方の先生には「自家感作性皮膚炎」と言われました。
その後は玄米・黒大豆醤油などを食べながら前進後退を繰り返しまもなく一年が経とうと
しています。
 現状は左腕に数か所 貨幣状湿疹、環状性湿疹などができています。そけい部もジクジク状態は脱したものの患部がどんどん広がり 左かわに大きな変色湿疹ができてしまいましが。

昨日、何を食べたわけでもないのですが腕・そけい部が床に入って数時間後痒くなり悪化してしまいました。少しずつでも快方に向かっていたのですが・・ショックらしく本人も暗いです。
 私が思うに、玄米・黒大豆の反応も出てきているような気がします。
そうなると食べるものがなくなってしまいますし・・食事だけが要因でもなかったとしたら
一度皮膚科的治療をしてもらったほうがいいのか?と悩み質問させていただきました。
 ステロイドに対する半端な知識のせいなのかもしれませんが・・やはり気になりますし。
長くステロイドをつけていくのも怖い気がします。
 かといって食事制限を急にやめてしまうと一気に悪化するのは確実です。

 現在浪人の息子はストレスが要因も大きいとは思います。
どのように治療を進めていくべきか悩んでおります。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少し補足情報をいただけないでしょうか。

■皮膚科での診断は何だったのでしょう? アレルギー性疾患なのでしょうか。

■ステロイドの使用にご懸念を持たれるのはなぜでしょうか。

■抗生剤や抗ヒスタミン薬など、すべての西洋医学の治療薬に抵抗がおありでしょうか。

■5大アレルゲンが関係していることがわかったのは、病院ではアレルギー検査を行った結果でしょうか?

いj以上、確認させていただけますと幸いです。j
質問者: 返答済み 5 年 前.

遅くに申し訳ございません。

 


■皮膚科での診断は何だったのでしょう? アレルギー性疾患なのでしょうか。

 

 皮膚科は自宅近くであり かかりつけの先生でしたので私は一緒に行かず本人だけで

 何回か通いました。なので診断は息子に言わせると漢字2文字?4文字くらいだった気が

 するとしかわかってません。

 後から確認しようと電話連絡しましたところ 院長先生がご病気で倒れられて臨時に他から

 いらしてる先生だったと聞いて、躊躇してしまいそのあと確認ができてません。

 

■ステロイドの使用にご懸念を持たれるのはなぜでしょうか。

 

 確かではない情報が出回っているせいでしょうか?

 ステロイドの使い方をちゃんと知ってないせいでしょうか?

 ステロイドは「強い薬」というイメージが強く、使っているときは治っても使わなくなると

 悪化し繰り返すというイメージがあります。

 また知人が長い間 ステロイドを顔に塗っていて皮膚がすっかり黒ずんでしまい

 形相が変わってしまった人がいます。

 20年前ものことなのですが。

 このごろTV放送などで 使い方を間違えなければおすすめという内容のを何度か見ました。

 

食物アレルギーなのは確かなので、アレルギー反応を抑えない限り一度ステロイドできれい

 になったとしてもまた発症してしまうのでは?という心配もあります。

 

■抗生剤や抗ヒスタミン薬など、すべての西洋医学の治療薬に抵抗がおありでしょうか。

 

 そうですね、抗生剤などは高熱の時、症状がなかなか治らない時などに使うようにしています。ヒスタミンは続けて服用でなければアリだと思います。
西洋医学の治療薬全般という訳ではありませんが、息子の場合はアレルギー反応が

何で出るか?と不安な体質でもあり心配はあります。

 

東洋医学は体質改善というイメージで時間はかかったり 効果は絶対てきではないと

思うのですが個人的には安心感があります。

 


■5大アレルゲンが関係していることがわかったのは、病院ではアレルギー検査を行った結果でしょうか?

 

アレルギー反応検査は血液検査のことでしょうか?

即効性のある「ダニ」とか「花粉」とかは血液検査でしっかり数値に現れるのですが

食物アレルギーは現れないことも多く、除去と摂取などをやってみて確実に反応が

あったものが5大アレルゲンです。

 

乳児の頃は 少し接種しただけで すぐに反応があらわれ分かり易かったのですが

成人となるとわかりにくい面もあります。

 

以上です。よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信あ りがとうございます。

東洋医学の思想や有用性を否定する立場にはありませんが、それならそれで、我流ではなくプロの漢方医にかかられた方がよろしいかと思いますよ。
せめて「証」は見てくれて、西洋医学の医師免許も持っているような医師がよいでしょう。

ただ、東洋医学による治療は時間がかかりますので、ご子息が浪人生だということであれば、せめて大学に入るまでは西洋医学に頼るというのも一つの考え方だと思います。
対症療法ではあっても、効果の発現は早いので。
ただその場合もやはり、単なる皮膚科ではなく「アレルギー科」を標榜する専門医を受診されるべきでしょう。そういった専門医であればステロイドの使い方にも精通していますし、最小限の副作用で症状改善に努めてくれるはずです。

ずいぶんと勉強されておられるようですが、大切なご子息の体です。
ここは「プロ」にお任せすることをおすすめ致します。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問