JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 皮膚科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

学生の頃、クレアラシルというニキビ治療薬を顔に塗っていましたが、それ以来、顔全体が赤く、ガサガサに乾燥し、なおかつ油

解決済みの質問:

学生の頃、クレアラシルというニキビ治療薬を顔に塗っていましたが、それ以来、顔全体が赤く、ガサガサに乾燥し、なおかつ油症がひどい状態になりました。
原因と治療法は分かりますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりたいと思います。

クレアラシルをご使用後、お顔の皮膚のトラブルが続いているんですね。
どれくらい前のことなのでしょうか。

がさがさに乾燥していて油症がひどいという部分をもう少しご説明いただけますか。

皮膚科にはかかられたことがありますか。

他に何か服用されているお薬とか、試されたことのある塗り薬などがありましたら、ぜひお知らせ下さい。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事を待ってみましたが、お忙しいのでしょうか。
今ある情報だけで回答を書かせていただきます。

赤ら顔、そしてがさがさの乾燥肌、困りましたね。
クレアラシルを使用後そうなったような印象を持っておられますが、赤ら顔と乾燥肌が両方存在する場合は、実は原因は乾燥肌にあるのです。
乾燥が原因で、炎症を起こす。炎症が原因で顔が赤くなる。というわけです。

乾燥肌は、角質層や皮脂膜も壊れているので、雑菌が繁殖しやすく、肌のトラブルが起きやすいです。にきびができる前も、比較的乾燥しがちな肌だったのかもしれませんね。
乾燥していると、赤ら顔やにきび、シワなどの肌トラブルを起こしやすいのです。

ですから、赤ら顔の治療より、乾燥肌の治療をまずはしないといけませんね。

一般に乾燥が進むと痒みが強くなりますが、そのためかきむしったりするのでますます肌の角質層がぼろぼろになります。
そこで、炎症止めと、保湿のために必要な軟膏の出番になります。

その炎症止めと保湿のための軟膏は、最初はやはり皮膚科で診てもらって処方してもらうべきでしょう。自己治療は控えるべきです。
保湿のための軟膏は尿素軟膏や白色ワセリン、MPS軟膏などがいいでしょう。

あと乾燥肌に良い栄養素は、ビタミンA、B、C、E、そして、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、フラノボイドですので、サプリを取って下さいね。
このようなサプリは、お手軽に市販されているものを買われて下さい。

入浴剤も、ご自分に合うものを見つけて保湿に心がけて下さい。

また、性別がわからないのですが、もしお化粧されるなら、つけたままで寝てもいいような無添加のものを選ばれてくださいね。
皮膚科を受診された時にはぜひ普段のスキンケアの方法を伺ってください。

思いつくままに書かせていただきましたが、もし、他にご質問があるようでしたらお気軽に書き込んでください。

やはり、皮膚科をまずは訪ねることですね。



docmmartをはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中

皮膚科 についての関連する質問