JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14311
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

まぶたの上に、直径2ミリ程度の赤い斑点が数か月前からあります。同時にまぶたが腫れ、二重が一重まぶたになってしまいまし

解決済みの質問:

まぶたの上に、直径2ミリ程度の赤い斑点が数か月前からあります。同時にまぶたが腫れ、二重が一重まぶたになってしまいました。眼科を受診したところ、アレルギー性のものだろうという事で目薬をいただきましたが、全くよくなりません。

患部を温めたり、冷やしたり、マッサージもしましたが、よくなりません。なにかいい治療法がありましたら、よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

少し周辺情報を下さい。

①症状は両方の瞼に出ていますか?

②痛みや痒みはありませんか

③眼球には充血や目やになどの症状は無いですか?

④いつ発症し、いつ眼科を受診されましたか?

⑤眼科から処方された点眼薬の名前を教えていただけますか。


以上、確認させていただければ幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①症状は右目のみです。

 

②痛みや痒みはありません。 

 

③充血や目やにはありません。

 

④H23年10月頭に発症、眼科受診。1カ月経過し、症状がよくならず再度受診。病気ではないので、腫れは仕方ないと言われる。

 

⑤インタール点滴2%、オドメール点眼液0.1%

 

2度目の眼科受診後、皮膚科も受診しましたが、病気ではないので仕方ないとの回答でした。治療するほどの腫れではないようですが、やはり一重まぶただと気になって、外出が億劫になってしまいます。H22年12月に出産し、現在育児休暇中ですが、H24年4月の復帰までに、腫れを治したいと思っているのですが。仕方ないものなのでしょうか?

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

少し予想と違っていました。

資料を検討してから回答致します。

回答は昼休みになると思いますがご了承ください。

※この回答へのご返信は不要です。
猫山司をはじめその他名の皮膚科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

 

まず、眼科、皮膚科の両診察医がどのようなニュアンスでそう言ったのかはわかりかねますが「病気ではないので仕方ない」ということはないでしょう。

瞼の腫れ(眼瞼浮腫)は重大な疾患の初期徴候になることもある重要な所見です。

 

育児休暇中であるとのことでしたので、産後のホルモンバランスの影響も考えましたが(入院中と産後しばらくは体内に水分を貯留しやすい傾向があります)、既に産後1年間を過ぎていますから、その可能性は低いでしょう。

 

一般的に、眼瞼浮腫は、特発性(原因不明)、アレルギー性、腎機能障害、心機能障害、肝機能障害、甲状腺機能低下/亢進症で認められることがある徴候です。

このうち、右側だけ、つまり片側性の浮腫をきたすものはそう多くはありません。可能性が一番高いのは甲状腺機能障害でしょう。

以下の症例など、相談者様の経過に非常に類似していると思われます。

 

 

和文標題:片側の上眼瞼浮腫より診断に至った甲状腺機能亢進症の1例
著者名:舩越建, 田村舞, 諏訪部寿子, 五味博子, 川久保洋 (帝京大 医 市原病院 皮膚科), 渡辺彰浩 (わたなべ皮膚科形成外科クリニック)
資料名:皮膚科の臨床 JST資料番号:Z0122B ISSN:0018-1404
抄録:41歳の男性の甲状腺機能亢進症に関する症例を報告した。約3カ月前から右上眼瞼に淡い紅斑を伴う浮腫が出現した。超音波検査で右上眼瞼には甲状腺腫大,腫ようは認めなかったが,右葉の血流増加を認めた。臨床検査では,TSH刺激性レセプター抗体,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体が高値であった。以上よりBasedow病と診断した。現在,チアマゾールの内服で加療中である。

 

いずれにせよ、眼科的、皮膚科的に異常が認められないのであれば、内科を受診されて、内臓機能や内分泌機能の障害がないか、検査を受けられるべきだ考えます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございました。

妹が10代後半に甲状腺の病気で薬を飲んでおり、遺伝もあると聞いていましたので、検査を受けてみようと思います。

 

出産前、妊婦健診にて血液検査や尿検査を行い異常はありませんでしたが、通常甲状腺機能障害がある場合は、通常妊婦健診や会社の健診では判明しないものでしょうか?

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

 

甲状腺の病気の既往がおありだったのですね。であれば是非検査は受けられるべきかと存じます。

 

妊婦検診や、勤務先の一般検診では甲状腺ホルモン関係の項目は含まれていませんので、そこではひっかかってこないですね。

皮膚科 についての関連する質問