JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 皮膚科
満足したユーザー: 14344
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 皮膚科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。 唇に関してご相談があります。 10年前に冬場のせいか上唇の真ん中が割れ、その後治らずにいます。

質問者の質問

こんにちは。
唇に関してご相談があります。
10年前に冬場のせいか 上唇の真ん中が割れ、その後治らずにいます。
徐々にその炎症は、上唇の真ん中2ミリ大の三角型から広がり、
今では上唇の下半分の左右全体に、下唇はほぼ全体に、
異常な皮のめくれが起こっています、。
乾けば突っ張り、笑えば切れ、唇に赤みもおび、多少のはれもあり痛くてしょうがないです。

通った皮膚科では、強いステロイドも試したり、病理検査も行いましたが、いまだに十分な改善策がないのが現状です。可能性の低い方法でも構いません。一言アドバイスを頂けますでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 皮膚科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私は救急医ですが、いろいろなケースの患者を診察しています。
お力になりたいと思います。

もう10年間もこの状態が続いているのでしょうか。
唇だけで他の部分は大丈夫なのですね。

まだ、皮膚科に通っておられますか。
今、試されているお薬はなんでしょう。

保湿に関してはどのように対処されていますか。
糖尿病などの既往はないですか。

もう少し情報が必要ですのでよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

はじめまして。

何卒よろしくお願いいたします。

 

10年間ずっと続いております。

年々症状は広がり悪化していますが唇に限ります。

 

現在は皮膚科には通わず、寝る時に蜂蜜を湿布する程度です。

試していた薬は、ロコイド、キンダベート、リンデロンVG、マイザーなどです。

 

アトピーを含め現在は病気はありません。

 

他にもお答えすることはありますでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。

このうち、リンデロンが、ステロイドですね。
ステロイドというのはとても魅力的なお薬なのですが、実は長期に渡って使用すると返って皮膚が薄くなって弱くなる ということもあり得ます。
一度そうなってしまうと治りにくいです。

さて、保湿の対処を特にされていないところに問題があると思います。
保湿度の高いリップクリームが必要です。

http://www.omibh.co.jp/items/lip_mois2.html

近江兄弟社という会社から保湿度の高いリップクリームが売り出されています。
どうかお試しいただきたいです。
昼間は、何度でもつけてくださり、夜は寝る前にたっぷり。

保湿の対処がなされていないとすぐにひび割れたりしますから、どうかその方向から攻めていきましょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不正確.
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。
発症は冬場ですが、10年間以上持続し、あまり季節性はない(夏場になったからといって治るわけではない)ようですので、難治性の口唇炎と考えてよろしいかと思われます。

ご記載からは「剥脱性口唇炎」が疑われますが、皮膚科的疾患の場合、状態を目視しなければ診断が付きづらいのも確かです。
剥脱性口唇炎では唇が以下のような状態になるのですが、相談者様の状態に似ているでしょうか?

http://hakudatusei.up.seesaa.net/image/20070728043200.jpg

http://stat001.ameba.jp/user_images/20090720/14/nonta117/ff/cb/j/t02200202_0246022610216817770.jpg

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/35/0000540335/05/img8265bc5azikczj.jpeg

剥脱性口唇炎は特定の病原体やアレルギーが原因となって起こるものではなく、唇に対する機械的刺激の反復によって遷延する口唇炎です。
基本的な対処としては、唇の清潔を保つ、唇を舐めない、皮が剥けてきても剥かない、といった「心がけ」がもっとも重要になります。
また、精神的なストレスが関係するという説もあり、【乾燥に伴う一般的な口唇炎(荒れ)を発症⇒精神的ストレスが溜まる、口唇の皮を手や歯で剥ぐようになる⇒剥脱性口唇炎】という発展の仕方をする患者様もおられます。

薬物療法は、これまで行われてきたもので問題ありません。蜂蜜やワセリンによる保湿、痒みに対して抗ヒスタミン剤の内服、症状が激しい場合はステロイド剤の外用が、一般的に行われます。ビタミンB2の補充が有効な患者様もおられます。

もし思い当られる点があるのであれば、ですが、保湿や薬物療法を継続しながら、唇への刺激を避けるように心がけられるのがよろしいかと存じます。
気にすれば気にするほどストレスがたまり、それもまた悪化要因になりますから、あまり唇に気持ちを向けないような努力も必要かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
私が回答を書かせていただいたときに、まずは保湿からと申し上げましたが、許せるならば続きを書かせて下さい。

今まで、いろいろなお薬を塗布されてきてもう10年経つわけで、それ以外に何ができるかというご質問でしたね。
唇というのは猫山先生もご指摘の様に常に舐めてしまった りすることによりお薬がなかなかとどまらないということもあり得ますよね。
炎症がきつくて腫れているようですから、治療は炎症がコントロールされるまでは私の申し上げた保湿をまずは続けながら、ステロイドと消炎剤/鎮痛剤を短期間服用されてはいかがでしょうか。
もちろんこれに関しては主治医とご相談ということになりますね。

なんか中途半端に終わってしまったので、私も気になりこれを書かせていただきました。
うまく治療がすすみますように。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。

もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山司さん

 

はじめまして。

返事が遅くなりましたが

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

剥脱性口唇炎も疑いました。

ただ、黄色いかさぶたはできません。

皮がむけたところに透明な皮膚ができてくるのですが、三日ほどで固く張ってきて割れるか、ほっておいても風呂に浸かれがば向けてまた剥き出し皮膚になってしまいます。

共通して言えることは、正常な唇の肌質にならないところです。

 

ステロイドも保湿もビタミンも漢方も調べがつくものは試したつもりです。

皮をむかないように乾燥させないようにしていても、皮が正常な唇質にもどるためとはおもえないような経過で一向に回復の兆しが見えません。

 

正直解答に困られるかと思いますが、地道な改善策をを続けてくださいとの意見は数多く聞かされ、もう聞きたくありません。

 

ただ、何か明確な処置はないものでしょうか?

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

仰る通り、かっちりと嵌りそうな回答は正直なところみつかりません。

 

今回の追加情報も含めて一番可能性が高そうなのはやはり剥脱性口唇炎ではないかとも思っています(患者様がみなさん剥けた皮が黄色くなるわけではないので)。

 

後は、「典型的ではありませんが」という枕詞をつけて、口唇ヘルペスやカンジダ症、ある種の自己免疫疾患(例:シェーグレン症候群など)がかろうじて候補に引っ掛かってくるくらいだと思われます。

 

あるいは極めて稀な皮膚疾患である可能性を考慮して、まだ行かれたことがないのであれば、大学病院や国立医療センターの皮膚科などを受診されることをお勧めします。

 

残念ながら、この程度のことしか申し上げられません。

ご期待に沿えず誠に心苦しく思いますが、何卒ご容赦ください。

 

相談者様の口唇炎に診断がつき、ご快癒か得られますことを祈念しております。

皮膚科 についての関連する質問