JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dentist_trustに今すぐ質問する
dentist_trust
dentist_trust, 歯科医
カテゴリ: 歯科
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 歯科 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

シリコーンデンチャーについて、詳しく教えてください

解決済みの質問:

ご相談させて頂きなす。子供のころから、凄く歯の状態が悪く虫歯を治すと、次から次と、虫歯になり、今57歳ですが、40歳の時から下の歯が入れ歯です。入れ歯を支えていた歯も、とうとう抜けてしまい、お金がなく我慢していたのですが、新聞広告に、シリコーンデンチャー、のことが書いてあり 費用もインプラントほどは、かからない様なので、思い切って直そうと思いますが、シリコーンデンチャーのこと詳しく教えていただきたいのです。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 歯科
専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます シリコン義歯についてのお問い合わせですね 

 シリコン義歯の最大の特長は歯肉や粘膜に接する面がシリコンゴムで作製されていることから 柔らかさによって粘膜を傷つけることなく 痛くなくしっかり噛めるということがうたわれています 最近は美容外科などで使われている生体材料用のシリコンゴムを義歯に応用する技術が実用化されています

 また義歯の色も樹脂製の義歯に比べて生体の色調を再現することから 見た目も美しく作ることができ 吸着力も従来の義歯とほぼ同等です 

 大変いいことづくめのようですね ところがシリコン義歯はシリコンが変質したり着色したりしやすく こまめに洗浄が必要です 

 シリコンそのものの耐久性が樹脂製に比べ それほど良いわけではありません 薬局や薬店 ドラッグストアーなどで市販されている義歯用洗浄剤はほとんど使用出来ず シリコン専用の高価な洗浄剤を毎日使用しなければならず 使用方法を誤るとシリコンが傷んで表面が変質して荒れたり 剥がれたりしやすくなります 従いまして注意深く使用していても数年でシリコン部分の張り替えが必要となります その場合ももちろん自費診療ということになってしまいます 

 シリコン義歯の歴史はまだ浅く 今後の製品改良の開発によっては向上が見込まれますが 今のところは高価な治療費に見合うだけのメリットはまだそれほど大きくはありません このために普及が進んではいないようです 私見ですが新聞広告はそうした背景もあって市場の開拓のために打たれたものと思われます

 チタンやコバルトを使った金属床義歯が薄く軽く作ることができ 細菌が付きにくく衛生的ですし 耐久性も最も優れているので こちらの方が同じ高価な治療費を投資するのであれば 長い目で見ればお勧めということができます  

 いずれも担当している歯科医で義歯の説明を十分に受けて頂いたうえでお選びになられますことをお勧めいたします 一日も早くしっかり噛める日を取り戻されますことをお祈りいたします

dentist_trustをはじめその他名の歯科カテゴリの専門家が質問受付中

歯科 についての関連する質問