JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dentist_trustに今すぐ質問する
dentist_trust
dentist_trust, 歯科医
カテゴリ: 歯科
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 歯科 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

私はアメリカ在住していますが、最近現地の歯医者でブリッジをしている歯が悪くなった為、ブリッジの両側の2本を抜

質問者の質問

私はアメリカ在住していますが、最近現地の歯医者でブリッジをしている歯が悪くなった為、ブリッジの両側の2本を抜かれてしまいました。結果 として合計して3本の歯が無いことになりました。インプラントするには骨が薄いということで3本のブリッジをすることになりました。私は3本のブリッジを2本の健康な歯で支えられるか不安でたまりません。この様なケース(3本のブリッチを2本歯で支える)
は多くの人もやっているのでしょうか。3本のブリッジを支えている2本の健康な歯の寿命はどのくらいになるのでしょうか。こちらでは3本のブリッチも大変お金が掛かり、3本のブリッチをした後が心配です。


アメリカ在住
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 歯科
専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます 申し訳ありません ご質問の内容が大変大まかなので詳細の情報が必要です どの部分の歯を喪失したのか 上なのか下なのか前歯なのか奥歯なのか ブリッジをどの部位に施す予定なのか それによってブリッジが適切な方法かどうかの検証が必要ですし レントゲンの所見があればもう少し詳細にお答えできると思います    

 またブリッジという補綴方法の診断基準もアメリカと日本でも判断が分かれています 日本ではダメといわれていてもアメリカではOKとされるものもあります その理由は骨格や骨密度の人種差があるためです 

 欧米人では体格が大柄で 顎の骨の厚みも大きく 歯を支える歯槽骨の量も豊かであり そしてまた歯のエナメル質や象牙質の体積も大きいために歯牙の切削量もゆとりが大きいという特徴があります したがってそういう患者さんを多く診てきているアメリカの歯科医では当然その判断基準も日本と異なるのは当然のことといえるでしょう

 不安があるのであればもう少し説明をして頂く時間をアポイントして ご自身が納得いくまで話し合いを提案してみてはいかがでしょう 

 ブリッジに不安があれば部分入れ歯の方法もあります ただし いずれにしても歯を失った部分に人工的に歯を入れることになるので 他の歯に負担をかけることになることは確かです これまで以上に治療後は十分なメンテナンスと噛み合わせの管理を歯科医とともに継続して受けることが大切です

歯科 についての関連する質問