JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dentist_trustに今すぐ質問する
dentist_trust
dentist_trust, 歯科医
カテゴリ: 歯科
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 歯科 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

左上の奥歯の内側が、何かの拍子で欠損し、くぼみができたような状態になっています。抜歯せずに治したいのですが、可能でし

質問者の質問

左上の奥歯の内側が、何かの拍子で欠損し、くぼみができたような状態になっています。抜歯せずに治したいのですが、可能でしょうか。これまで何度か歯科でおせわになっていますが、虫歯が再発することが多く、不安です。よい解決策があればご教示ください(医師にこのように言えばよい、など)。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 歯科
専門家:  dentist_trust 返答済み 5 年 前.

 ご質問ありがとうございます ご質問の内容は左側上顎の奥歯の歯牙が破損して凹んでいる状態で歯を残して治療が可能なのかどうかですね?

 実際には診察してみないことには抜歯せずに治療可能かどうかわかりませんが ご質問の歯の治療の段階はご質問された方の現在の損なわれた歯の状態によって大きく4つに分かれます 

①痛みがなく歯の損傷がごく軽微でエナメル質の表層にとどまる場合には光重合レジンと言って光を照射して固める合成樹脂を充填する治療で完結します 即日治療で終わります 

②凍みるような痛みが時々あり 歯の損傷が大きく隣の歯との接している面にまで及ぶ あるいはエナメル質を越えて象牙質まで欠損が及んでいる場合には削って歯形を採って 後日できあがった修復物(インレーといいます)を調整して歯科用セメントで接着させる治療が必要です この場合数回外来通院が必要です

③凍みるような痛みが時々あり 損傷がさらに大きい場合 そのまま修復可能なものは全体を削って歯形を採って後日出来上がった被せもの(クラウンといいます)を歯科用セメントで接着いたします この場合数回の外来通院が必要です

④ズキズキと疼くような痛みがあったり 歯の損傷がかなり大きくて象牙質を越えて歯髄に達してしまっている場合 歯の神経を除去して清掃を行う(根管治療といいます)治療を行ってから 被せものをする必要があります この治療の場合には通院が数ヶ月ほど必要になります

 いずれの治療にしても肉眼あるいはレントゲンによる精査をおこなったのちに歯科医師が 抜歯をせずに治療可能と判断した場合に上に記したとおりの手順で治療をおこなっていくものと思われますので 出来るだけ抜歯はしたくない希望をお伝えして担当医にお任せしてください 

 また治療が終わられても 定期的なメンテナンス リコールチェックを受けて 虫歯の再発や歯周病の予防に専門家のアドバイスを受けておくことが 今後の健康な歯を保つ上ではとても重要です 治療完結まで根気強く通ってください ご健闘をお祈りいたします

dentist_trustをはじめその他名の歯科カテゴリの専門家が質問受付中

歯科 についての関連する質問