JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dentist_trustに今すぐ質問する
dentist_trust
dentist_trust, 歯科医
カテゴリ: 歯科
満足したユーザー: 49
経験:  平成4年九州歯科大学卒業 平成4年~大学病院口腔外科研修を経て 病院口腔外科勤務 平成13年5月より現職
62773489
ここに 歯科 に関する質問を入力してください。
dentist_trustがオンラインで質問受付中

前歯の出っ歯の矯正後、金属のかぶせものをしていた奥歯が前に30度くらい傾いています。 さらに、奥歯の一部が突出して

質問者の質問

前歯の出っ歯の矯正後、金属のかぶせものをしていた奥歯が前に30度くらい傾いています。
さらに、奥歯の一部が突出しているためしたの歯とかみ合う部分が突出部のみとなってしまい、咀嚼に困っています。

見た目も顔が長くなったように感じ ています。

このようになってしまった場合、奥歯を元の位置に戻すために圧化させることは可能なのでしょうか。
また、もし可能ならどのような方法があるのか教えてください

本当に矯正をしなければよかったと心から悔やんでいます。
回答のほう、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 歯科
専門家:  dentist_trust 返答済み 6 年 前.

 ご質問拝見いたしました 矯正を受けたことに対して少なからず後悔されてらっしゃる由ですが おっしゃっている状況からするとけして後悔することはないのではないかと思いますよ

 矯正治療後に治療前から存在していた被せ物の噛み合わせが変化することは全てではありませんが起こりうる現象です 人の歯並びと噛み合わせは一生を通じて全く永久不変ではありません 矯正が終わってからも少しずつ変化していくのが私たちの人間の普通の姿なのです 

 ご安心下さい だからといって悲観することはありません そうした場合には被せ物の噛み合わせを調整するか あるいは合わなくなった被せ物を一旦撤去して 噛み合わせをきちんと出来るように作られた新しい被せ物を装着してもらえばよいのです もちろんその治療の間に噛み合わせが狂わないようにマウスピースを装着することもあるかもしれません 歯を圧下するよりもはるかに簡単で短期間で解決できると思います 

 あれこれ悩んでいるよりも思い切って担当の先生にそのことをお伝えしてみて下さい 必ず解決できるように努力して頂けると思いますよ あともう少し頑張って下さいね

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

ご返答ありがとうございます。

 

私の伝えたいことが言葉足らずで伝わらなかったようです。すみません。

 

かぶせものというのは、治療前から存在していたものではなく、

治療のため、奥から二番目のところに金属の輪をはめました。

 

その金属の輪がはめられていた歯が治療後にとって見ると、30度ほどかたむいています。

そのために、顔が少し長くなり、さらにかみ合わせもうまくいっていません。

 

この場合、歯自体が飛び出していますので、かみ合わせが高くなってしまっていても、削るなどの治療はできるのでしょうか。また、圧化するにはどのような治療がありますか。

 

申し訳ないですが、返事お待ちしています。

専門家:  dentist_trust 返答済み 6 年 前.

 ご質問ありがとうございます 状況が分かりました おっしゃっているのは矯正治療のために大臼歯に取り付けられたバンドのことですね 矯正治療ではそこをアンカー(碇)といって それより前方の歯の移動のための固定源にするために大臼歯を利用します

 治療に伴って固定源の大臼歯もわずかながら移動してしまったのですね それでは高くなったとお感じになったのも無理もありませんね 既に噛み合わせが高くなってしまったのですから圧下して低位にするのは現実的ではありませんし無理があります さらなる咬合の崩壊など悪化を防ぐためにもクラウンをかぶせるなどして噛み合わせを下げてもらった方がいいでしょう

 もちろん急激に下げるのではなく咬合の変化に十分注意しつつ 下げても大丈夫な位置で暫間的に被せ物をして 咬合に違和感が出ないかどうか確認しながら 治療を進めていくことがその後の治療をスムーズに進めることになると思います

歯科 についての関連する質問