JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dental418に今すぐ質問する
Dental418
Dental418, 歯科医
カテゴリ: 歯科
満足したユーザー: 11
経験:  歯科医師として10年以上の経験、歯科医師会所属医師
60463975
ここに 歯科 に関する質問を入力してください。
Dental418がオンラインで質問受付中

左下奥歯の再根管治療中です。痛みはほとんどありませんが、別の歯科医でクラウンをかぶせるまえに治療を途中でやめてしまっ

解決済みの質問:

左下奥歯の再根管治療中です。痛みはほとんどありませんが、別の歯科医でクラウンをかぶせるまえに 治療を途中でやめてしまった歯を治療しているところです。根の先が割れていたり歯も3分の一ほど欠けていますが、何とかやってみますと言って治療していただいていました。
 早く治したくて、担当の医師も特に何もおっしゃらなかったので、先週1回、今週は3回治療してもらいました。が、一昨日4回目の治療の翌日からこれまでにない痛みが出て、困っています。間違って上の歯が当たると激痛ですし、普通にしていてもジンジンします。サワシリン、ロキソニンを出してもらっていたので服用しています。ロキソニンを飲むと緩和はされますが痛いのは同じです。さらにリンパ腺もグリグリと腫れ、ほほが熱を持っているので保冷剤で冷やしています。今日の夕方からは37.5℃の微熱も出てきました。かかりつけ医は次の診察は明後日で、明日は休診です。
 明日、休日診療に行ったほうがいいですか?痛みだけなら我慢できますが、発熱もあるので不安でたまりません。また、間隔をおかずに治療していたのが悪かったのでしょうか?(ふつうは1週間に1度ですよね?)痛みの原因は何で、これからも治療を継続して治るのでしょうか?治療前は痛くなかったのにこんなに痛くなってとても心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 歯科
専門家:  Dental418 返答済み 5 年 前.

質問をご投稿いただき、ありがとうございます。
回答させていただきますのでよろしくお願いいたします。
ご心配は良く分かりますが、根管治療中には、たまに有る事です。原因としては、根っこの先に、治療薬がもれてしまったのか、ばい菌をお薬で殺しに行くと、ばい菌は、死ぬ間際にガスを出しますので、上にふたをしてあると中の圧力が上がってしまって痛みや腫れが出てしまうのどちらかです。出来れば、休日診療所に行って頂いて、中を洗って、ふたを開けていただくと痛みや腫れが緩和されやすいです。

 最悪のケースでは、痛みや腫れがひかずに抜歯になることも有りますが、残そうと努力した治療の結果なので悪くは思ってあげないでくださいね。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 先生、ご回答いただきありがとうございます。

 たまにあることということと、原因がわかって安心いたしました。

 3つおたずねしたいのですが、

 

 1.休日診療でふたをあけてもらうかどうかですが、早く開けてもらったほうが歯にとってよいですか?抜歯になる可能性は低いでしょうか。痛みや腫れが続くと良くないでしょうか。今日一日鎮痛剤と抗生剤で我慢してかかりつけに行こうかと思っているのですが・・・。 

 

 2.根管治療の間隔はどのくらいが適当なのでしょうか。今回、週に3回というペースで治療していただいたことが痛みと何か関係があったのかと不安です。

 

 3.痛みや腫れが引かないと、抜歯になることもある、というのはなぜですか。

 

 ご回答くださいますよう、よろしくお願いいたします。

専門家:  Dental418 返答済み 5 年 前.

1、痛みや腫れ微熱が続いているのであればいち早くふたを開けたほうが良いでしょう。抜歯になる可能性は、30パーセントぐらいでしょう。

 2、根管治療の間隔としては、ビタペックスやカルシペックスといった特殊な薬剤を使っていない限りは、1週間以内に1回~3回であれば一番良いペースだと思います。

 3、膿自体は、酸性な物なので、あまり膿んでいる状態が長く続くと、歯の根っこの先が溶かされてきます。そうすると薬が漏れやすく痛みや腫れが出やすくなってしまいますし、再発性も高くなってしまいますので抜歯になることもあります。また、膿みだまりが、長く続くと、身体の防御反応で膿み袋が出来てしまい通常の治療では治らなくなってしまうので、抜歯になるケースも有ります。

Dental418をはじめその他名の歯科カテゴリの専門家が質問受付中

歯科 についての関連する質問