JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1143
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

度々ありがとうございます。 現状、勾留延期となり弁護士の方からは

質問者の質問

度々ありがとうございます。
現状、勾留延期となり弁護士の方からは
業務妨害に切り替えての再逮捕、捜査のうえ起訴されその後正式裁判になるでしょうと言われています。こちらもそれを覚悟のうえ本人を支援していく心算です。
同じく、起訴後には保釈されると軽く聞いていますが、調べたところ全体の保釈率は低いようです。(2割程度)当然、保釈金納付を大前提とし、身元保証人も近親者で対応できる状態です。
今回の事案については、保釈は難しいもの?
または弁護士の方が言う通り条件整えば可能なものでしょうか?
何度もすみませんが、ご回答を
お願い致します。
投稿: 18 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 18 日 前.

引き続きまして,回答させていただきます。

結論的には,保釈は十分ありうると思います。

結論的に,執行猶予の見込みのあるような事案は,保釈が認められることが多いですし,

もちろん逃亡のおそれがないことも必要ですが,

ここは身元引受けで対応できるでしょうから,保釈保証金の準備などがととのえば,保釈は可能だろうと思います。

刑事告訴・告発 についての関連する質問