JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

2015.11.24と2015.11.30に、2物件の注文書を交わし、2016.2に両現場の消防設備工事を完了させました

質問者の質問

2015.11.24と2015.11.30に、2物件の注文書を交わし、2016.2に両現場の消防設備工事を完了させましたが
合計¥17,604,000-の内2017.12までに¥3,358,000-の支払いが有っただけで残¥14,246,000-の
未払いが有り、内容証明郵便を郵送しているが、いまだ返事がないので、提訴しようと思いますが。
どのようにすれば良いでしょうか。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  kionawaka 返答済み 1 月 前.

民179条2号で3年の短期消滅時効にかかってしまいますので、請求書は出し続けないと時効が中断してしまいます。請負代金請求事件として地方裁判所の管轄です。

刑事告訴・告発 についての関連する質問