JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 951
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

現在、妻とは離婚裁判の最中です。 アシスタント:

解決済みの質問:

現在、妻とは離婚裁判の最中です。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 離婚を巡るやりとりの中で、妻は私の両親と養子縁組を私の同意なく(署名を偽造して)申請、受理されています。養子縁組が完了した後に父が亡くなり、妻も遺産を相続しました(姉、妻、私は各人2000万円ずつ相続しています)。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
質問者: 返答済み 1 月 前.
31169;文書偽造で妻を訴えることは可能でしょうか。また、仮に妻が犯罪を犯したことが決定的になった場合、それを理由に離婚することは可能でしょうか。
専門家:  bhsy202 返答済み 29 日 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

養子縁組について,署名の偽造があった場合は,私文書偽造,関連して,養子縁組するつもりがないのにそのような戸籍上の記載にさせたということがあると,公正証書原本等不実記載罪の可能性もあります。

妻が偽造をしていた,ということになった場合,犯罪をした,ということだけで離婚原因とすることも考えられますが,

それが,婚姻関係にどう影響することなのか,という点の関連性も必要かと思います。

そのようなことをしようとした理由があると思います。その理由,考え方,そういったこともあわせ考えて,(おそらくは妻にはよからぬ考えもあったのでしょうから)

婚姻関係が維持できないとして,離婚原因としていくことで,より離婚が認められることになると思います。

bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中

刑事告訴・告発 についての関連する質問