JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 896
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

具体的な契約書はなかったのですが、注文を受けた品を突然、キャンセルされました。

質問者の質問

具体的な契約書はなかったのですが、注文を受けた品を突然、キャンセルされました。
半分は納品済で、キャンセルと言われてもその納品物には納品先の銘を入れてあるので、
その分に関してはキャンセルの対象にならないとして、損害賠償請求をしました。
よって、その商談はキャンセルとなったのでの制作したサンプルは必要ないと判断し、
当方は、捨ててしまったのですが、それは、取引先のお客様に納品してあったものだ。
と言い出して、他人の所有物を棄損したと損害賠償訴訟を起こされました。
当方は、当方が作ったサンプルを他人に販売していたなどと、
その訴訟内容により、初めて知ったのですが、それって、横領ではないですか?
器物破損として先方が訴えてたため、裁判所から、呼び出しが来ているのですが、
それまでの経緯を説明する、証拠書類は揃えています。
逆に、横領を訴えたいのですが、その裁判で主張すべきか、
また、他に方法があるか、あればどのようにすればよいか、ご指導ください。
そのサンプル代金はいただいておりません。
よろしくお願いいたします。
投稿: 7 日 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 4 日 前.

回答させていただきたいと思いますが,

事案がよく分からなかったところがあるのですが,半分は納品済み,納品済みではない分についてキャンセルといわれた,

だから処分したのに,相手は,キャンセルした分を他人に販売していた,などというわけですか?

サンプルを他人に販売していた,ということですが,納品前の分についてすでに転売する契約をしていた,

だから渡せ,というわけですよね?

そういうことをいうなら,その分はキャンセル対象にならないはずですが,そういう理解でいいのでしょうか。

なお,法的には,今から購入,取得するつもりのものについて,買主を先に当たっておいて売買の話をまとめておくこと,

これも,他人物売買といって有効と解されています。売り主は,他人から物を取得してくる義務を負うのですが,。

それができない場合,買主に対して損害賠償をすることになります。

刑事告訴・告発 についての関連する質問