JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bhsy202に今すぐ質問する

bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 732
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

昨年、父が亡くなり、遺言をしなかったため遺産相続で土地900㎡を巡り、争いとなっています。実家の隣に妹夫婦が住んでいまし

質問者の質問

昨年、父が亡くなり、遺言をしなかったため遺産相続で土地900㎡を巡り、争いとなっています。実家の隣に妹夫婦が住んでいましたが、妹もおととしガンで急逝し、母親の介護は私がやることになってしまいました。妹夫婦は生前、実家の隣に越してきて地代を払わずに使用貸借契約も明確に結ばず、そのまま居座り、5年前に家を新築し父に住宅ローンの抵当として土地の半分を強引に入れてしまったため、父と妹夫婦の間で紛争になっていました。しかし、当事者の妹も死に父も亡くなってしまった為、その後の相続で膠着状態となっています。抵当権設定の経緯として妹が生前、父に300万円の貸付をしており、認知症にかかっていた父はその後詐欺に遭って1000万円の借金がありました。妹夫婦はその弱みにつけ込んで、強引に抵当に入れてしまったというのがことの真相です。今般の相続に当たっては、私と母と弟が相続人ですが、妹の子供たちが代襲者となり、遺産分割が膠着しています。その原因は抵当権設定問題だけではなく、実弟と妹夫婦が共謀して父親を懐柔し抵当に入れさせてしまったことが、後日判明しました。今回の相続にあたり、実弟が母親を認知症として後見人申請してしまったため、現在、即時抗告をして対抗しています。この状態を打開すべく、今後、民事訴訟(刑事では親族相盗例により困難なため、黙っていると彼らの思惑通り財産を与えてしまうことになってしまうため、両親や私の権利が侵害されてしまいます)によって、損害賠償請求事件(詐欺行為による精神的苦痛および損害)は、今般、母の後見人が決まったため、今後は示談・調停での解決の意向ですが、準詐欺罪刑法248条の適用による実弟及び義弟たちの告訴を考えています。われわれの受けた精神的損害を回復したくご相談できる弁護士の方を探しています。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

このサイトでは弁護士を紹介することはできないのですが,事案に対するアドバイスをすることはできます。

準詐欺の告訴と書かれていますが,今起きている問題は遺産相続問題ではないのでしょうか。

これを有利に運ぶための告訴,ということなのでしょうか。

遺産分割について,抵当に入れた経緯など,これまでの事情をどのように遺産分割協議に考慮させていくか,

こういったところは,お母さんの後見人は事情が分かっていないので,

分かっている者がいっていかなければなりません。

警察を動かすのは一般論としても難しいところですし,親族関係があるとすると,ますます動きにくいので,

遺産分割の争いにどう持っていくかを検討した方がいいように思いますが,いかがでしょうか。

bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 732
経験: dasdasd
bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12377;でに相手の弁護士からは当該遺産相続と抵当権の設定とは別物の法律行為であり、父の生前のことであるから、遺産相続には影響はないとの指摘を受けています。また、刑事告訴についても困難であることは理解しています。問題は、抵当権設定の経緯について、適法手続きは外形上登記により確認されていますが、それ以前に1年間に渡る詐欺被害に遭っていたという点で準詐欺罪の嫌疑がある点でそれが払拭されていないことです。そのことについては、調停において主張していく所存ですが、それによって法定相続人が廃除されるものでもなく(当事者は既に死亡しており子供が代襲相続人となっているため)、抵当権による権利侵害には当たらないとの先方の主張です。抵当権により、当方の相続分の価値が著しく低下していることは、当然のことですが、抵当権を私道部分に付け替える方法が採れるので、それによりこの問題はクリアできる見込みです。ただ、先方の出方次第では、当該準詐欺罪の問題を提起して、当方の提案を受け入れさせる圧力とするため、告訴が可能か否かを確認しようとしただけですが、結果として、ほぼ99%困難であることは確認できました。ただ、この問題を遺産分割に持ち込むとさらに協議自体が膠着する公算が高いため、相手の出方により、進めていく所存です。いずれにしても、遺言はないので、各相続人が法定相続分に応じて公平に分割され、まるく収まれば、あえて、この問題でこじれる必要はないものと思っています。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

なるほど,そうですか。事案の把握が間違っていたらすみませんが,

法定相続人からの廃除という話にまでは行かないとしても,抵当権が設定された状態の土地が相続の対象となっている,ということではないのでしょうか。

相続分の価値の減少,とされていますが,これをクリアする方法があるとしても,いらぬ手間がかかるわけですね,

そういったことを遺産分割の中でいっていくことはできるのではないでしょうか。

先方の出方次第,というのはその通りかと思いますが,牽制材料にはなると思います。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。今般の遺産分割については、母に後見人がつき、実弟や姪たちにも法定代理人が付きました。当方はまだ代理人はついておらず、丸腰で分割協議に臨まなくてはならない情勢です。その場合に、紛糾が予想されますが、そうなった際に他の代理人である弁護士先生たちと対等に渡り合わなければなりません。さらに調停ともなると弁護士の職務上の優位性に当方の主張が通らない可能性もあります。しかしながら、今回の件に限って言えば、判断材料も十分あり、分割案をもって公平分割の公算も十分担保できているので、誰かが固辞しない限り、分割案はほぼ承認されるものと算段しております。ただ、異論が出て紛糾した場合、理不尽な要求であるとなると結果的に審判により、「共有」等により不条理な結果となるリスクが高いため、なんとか決着するよう祈るばかりです。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

共有という話ですが,裁判官(審判官)の判断傾向として,争いのある親族同士では,共有関係にはしないと思います。

共有にしておくことで,かえって,今後も,名義を巡るトラブルが続いてしまうからです。

それを避けるため,誰かの名義にして,代償金を支払わせる方向で解決するか,

売却することとして,代金を等しく分けるか,

そういった案になると思います。

いずれにしても,ご指摘のとおり,分割案が承認されていくことが一番であるとは言えるでしょうね。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
22303;地6筆が左右3筆ずつあり、中央に2m幅の私道、奥の2筆が実家と義弟(代襲者の父親)の家が2軒あります。その私道を4mに拡幅登記し直して、他の土地についている抵当権を付け替えるのですが、共有は難しいのでしょうか?そうであれば、他の相続人に比して比較的狭小で奥まっているため評価の低い代襲者たちの土地の持ち分を増やせとの主張もちらほら聞こえてきているので、彼女らの持ち分として分筆・相続してもらうしかないかもしれません。そうすると今度は、われわれの土地の使用にあたり通行権の問題が浮上してしまうので、頭の痛いところです。また、当方は売却は考えておらず、従来通り駐車場として貸し付ける意向ですが、他の相続人が売却をするとしても、私道の反対であれば問題はないとは思いますが、私道そのものを売却することは、その後の他の土地利用に支障を招くため、ほぼ不可能です。この点は、相続人間で知恵を絞るしかありません。妙案があれば、ご教示いただけると助かります。私道について共有とせず、新たに4mに拡幅追加供出する部分については、各相続人の名義のままとし、元々ある2m部分を代襲者に相続させるとかでも、問題は起きますか?そうすれば、将来売却の際に、誰が売ろうとその部分も含めての売却となるし、4mの道路指定も満たし、通行権も確保されるので、トラブルは回避できそうですが?
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

相続人が了解すれば,共有名義とすることは可能です。

先に回答しましたのは,裁判所の考え方の一般論です。裁判所が,共有案を判決で出すか,という話です。

相続人間で調停で話し合った結果,ご指摘のような相続案がまとまれば,もちろんそれでかまわないわけです。

土地の利用関係は,図面がないとイメージしづらいところがありますが,通行権の確保のために,2メートルと4メートルとで分けることはありうるところでしょう。ただ,どうでしょうか,実際の利用関係では,このように区別して利用することになるのでしょうか,

それとも,実際上はその境界をまたいで使用するような形になるのでしょうか。このあたりは名義だけの問題ではないですが,そのあたりでもトラブルがないようであれば,その案でもいいのではないかと思います。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
22303;地の利用関係は,公道から中央に2m私道,奥に実家と義弟の宅地、それぞれの宅地の前に青空駐車場が2筆ずつ、左右に設置しています。通行権の確保のために,2メートルの私道がありますが、いずれは売却時に4メートルにセットバックしないと売却、利用は困難であるため、今回、分筆し直す必要があります。しかし、利用形態は従来通りにしないと駐車場の利用が半減してしまうため、そのままの状態で利用します。ですので、共有にするとその分の地代までわけるということにならないよう、現在の私道の部分のみ共有として、通行権を相続人全員に確保させることで納得してもらう方が良いかもしれません。いずれにしてもその辺は、今後の分割協議で話を詰めていくしかないと思います。
ただ、心配なのは、当方以外他の相続人全員に法定代理人=弁護士がついたので、今後、協議、調停となった際、素人の私で対応していけるか、不安です。しかし、弁護士費用も馬鹿にならないので、どうすべきか悩んでいます。ちなみに、協議段階からつけるべきか、調停になってからつけるかで弁護士費用は変わるのかも分からないので、ご教示いただきたいところです。
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
26368;悪の場合、当方が抵当権のついた土地を相続させられる羽目になったら、元も子もなくなります。後見人選任申請では、弁護士からのアドバイスで即時抗告しましたが、医師の診断書がものを言い、当方の主張はことごとく却下されてしまいました。いろいろと司法関係筋から話を聞くと、裁判では、弁護士以外、裁判所はほとんど相手にせず、こちらの主張はほとんど通らないように聞いています。しかし、分割協議や調停となると弁護士費用は「得べかりし利益の1%+90万円」ということになると500万円は軽くかかってしまいそうです。すでに相続税170万円、被相続人の借金150万円計320万円を払っており、この上、さらに500万円となると800万円は軽く越えてしまいます。そうすると当初見込んでいた駐車場収入2万円×8台×12月=192万円によっても、少なくとも5~6年はこれまでの費用負担により、収益を見込めなくなってしまいます。それでも、余計な心労は避けて、弁護士を付けるべきなのか、たとえ不利になっても、つけないで孤軍奮闘すべきなのか?現段階ではまったく先が読めないので、読めないので、途方に暮れています。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

協議段階と調停段階とで弁護士費用は変わってくると思います。

法テラスの基準が最も安いかと思いますが,法テラスでも,交渉時が8万円ほど,調停時で10万から15万円といったところでしょうか。

法テラスは資産要件がありますので,これが使えない,それ以上に資産があるとなると,

個別に弁護士に依頼となりますが,

報酬規程は廃止されているので,個別に弁護士と相談することになります。

弁護士によってはそこまでの高額でなくとも,着手金は30万円から50万円程度で引き受ける弁護士もいるのではないでしょうか。

報酬金は終了段階での事件の結果次第なので,何ともいえませんが。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
12371;れまで、数件の弁護士事務所に相談しましたが、「得べかりし経済的利益の15%+90万円」が相場のようです。当方の相続土地の時価は約3000万円相当となる見込みです。その場合、少なくとも450万円は弁護士費用がかかるものと理解していますが、違うのでしょうか?したがって、調停段階に入れば、やはり、弁護士に依頼する必要もでてくるものと理解しています。私の知り合いの司法書士の話では、司法の場では弁護士の立場のみ優先され、一般人の主張はほぼ通らないとの話です。そうなった場合、当方が一方的に抵当権のついた土地を相続させられる羽目になりはしないか、非常に心配しております。こちらとしては、最終的に判を押さず、拒否する以外に手だてがなければ、あとは審判でバッサリという最悪の結果となりかねません。法テラスについては、何度か接触した経験がありますが、単なる弁護士の紹介機関でまったく当てになりません。
専門家:  bhsy202 返答済み 9 ヶ月 前.

得べかりし利益,というのは,具体的な相続分での算定をすると思いますが,

遺産総額のうち,法定相続分として計算したものが得るべき利益で,そこからの算定になると思います。

もっとも,これは旧弁護士報酬規定を参考にしているのだと思いますが,今は必ずしもそうばかりではないのですが,

相談された事務所がそのような基準だったと言うことでしょうね。

法テラスは,紹介機関ですが,具体的にはそこで紹介された弁護士に,法テラス基準の費用で依頼する,という流れになります。

紹介された弁護士がどうか,という問題はありますが,そもそも一定の資産がない人が対象なので,

そこで利用できないと言うことはあるかもしれません。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
24403;方がお尋ねしているのは、今回の相続案件では、他の相続人全員に弁護士がついていたため、抵当権設定の土地について、場合によってはこちらが相続することになりはしないか?その可能性はどれくらいあるのか?そのリスク・ヘッジのためにあえて弁護士に依頼する必要はあるのか?ということです。
専門家:  bhsy202 返答済み 8 ヶ月 前.

リスクヘッジということになると,それは弁護士に依頼しておいた方が,ということにはなりますが,

弁護士がついているから,弁護士の意見が通る,というのは,弁護士が法的に通るような意見をいうから,

というのが前提にあります。

今回,抵当権設定の土地について,こちらが相続するかどうか,ということでいくと,

こちらに相続したい意向がないのに,他の弁護士の意見で,こちらに押し付けられる,ということは,

少なくとも調停段階ではあり得ません。

審判の段階になれば,どうするかは裁判官の判断です。その可能性と言われてしまうと,個別の事情に関わりますから,何ともいえませんが,

一般論として,もめているときに共有にさせることは審判上はあまりないので,誰か単独のものにはするでしょう,

その場合,誰がもっとも現実的か,妥当か,そういう判断をしてくるので,ここは断言しかねるところです。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
12381;ういうことであれば、誰かが損をすることになり、公平な分割ではなくなってしまいます。裁判所はそういう結果であっても、判決するのでしょうか?
いずれにしても、誰もがそのようなリスクを負っているとなれば、そうならないように調停段階で、弁護士同士の話し合いで決めていくことなると思われますが、そうした認識で大丈夫でしょうか?
弁護士を立てない場合、裁判所に出頭して主張・意見の陳述等が予想されますが、当方が負うべき手続き上の負担はどのようなものになりますか?
専門家:  bhsy202 返答済み 8 ヶ月 前.

裁判官が,結果的に一部の者に損となるような判決はせず,例えば一定の負担をする者に対しては,何らかのメリットも与える判決内容にするのが通常です。

もっとも,審判官(裁判官)が出てきて,妥協案をしめして,調停で成立させようとするのが通常です。

その場合,手続上の負担,ということですと,例えば弁護士が自分の主張を書面で出してきた場合,

これに対する反論の書面を出すように要求されることがありえます。

事実関係については,そういった事実はない,と争っていけると思いますが,

法的主張に対して,どう反論するか,という問題はあります。

どういう法的主張をしてくるかにもよりますが,反論だけでも弁護士にアドバイスをもらって作成する,という場面が出てくるかもしれません。

質問者: 返答済み 8 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。
その際は、また、宜しくご指導いただきたく存じます。
専門家:  bhsy202 返答済み 8 ヶ月 前.

こちらこそ,ありがとうございました。

なお,書面の作成となると,実際に弁護士相談を利用された方がいいとは思います。

方針や概要だけなら,ここで回答できると思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • houmu

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    41
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    32
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png bhsy202 さんのアバター

    bhsy202

    満足した利用者:

    150
    dasdasd
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    16
    中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3410
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
 
 
 

刑事告訴・告発 についての関連する質問