JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 刑事告訴・告発
満足したユーザー: 813
経験:  dasdasd
84237273
ここに 刑事告訴・告発 に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

お尋ねします。保険の代理店に勤めるA氏が、奥さんが契約者である

解決済みの質問:

お尋ねします。保険の代理店に勤めるA氏が、奥さんが契約者である
生命保険の一時払い終身保険の貸し付けを勝手にしてしまいました。
10年前です。これに、きずいた奥さんが一度は、そんな依頼をしたことはないと
生命保険会社に話をしましたが、その日のうちにこれを「勘違い」として修正
しました。それが、5年ほど前です。
そして、その貸し付け金は、全額返済しました。
この保険は、3年ほど前に解約しました。
最近になって夫婦関係がおかしくなって、今になってこのことを問題にすると
言っています。
現実的に、どの様な問題が発生するのでしょうか?
A氏はどのような罰を受けることになるのでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 刑事告訴・告発
専門家:  bhsy202 返答済み 11 ヶ月 前.

夫婦関係の中で,離婚の理由(あるいはその前段階)として,過去の保険の貸付,といったことを問題にする,ということでしょうか。

全額返済もしているし,今さら,罰,ということでもないと思います。

考えられるのは,契約者貸付をしたということは,そのお金がどこかに流れた,ということですから,

そのこと自体の問題,

例えば借金払いに回されていたり,何からの契約を取り付けたようにまわされていたり,

ということで,そういうことをしたこと自体,おそらくは信用性にかける,夫婦としてやっていけないようなことをしていた,

ということをいいだすのでしょう。

もっとも,それは10年前のことで,3年ほど前に保険も解約されている話ですので,今に影響を与えているわけではない,

と思いますが,

ありうるのは,そういったお金の使い方,不正のようなこと,それが今でもなおっていなくて,

以前からこういうことをしていたではないか,というパターンですね,

それでいいはじめるのではないか,ということです。

夫婦関係のこじれは,なかなか短期間でというものでもなく,永らくの蓄積,ということもありますので,

その話のひとつとして言われる,ということではないでしょうか。

bhsy202をはじめその他名の刑事告訴・告発カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26377;難うございました。

刑事告訴・告発 についての関連する質問